ドル安の流れ一服も、戻りは鈍い、豪ドルは堅調地合い続く

 19日の東京外国為替市場は、前日海外市場でのドル安進行が一服も、戻りは鈍いという展開。

 ドル円は朝方ドル安の流れが継続し、一時111円88銭まで値を落とす場面が見られた。

しかし、前日NY市場で付けた111円70銭近辺の安値をトライするほどの勢いは見られず、
その後買戻しが優勢に。
112円台を回復する展開となっている。

 もっとも112円台前半での推移と、戻りの値幅は限定的。

 一気のドル売りに対する警戒感が利益確定の買戻しを誘ったが、本格的に反発するほどの材料もなく、もみ合いに。

 昨日の海外市場で1.1580台まで上昇を見せたユーロドルは、NY午後から続く高値からの売りに頭を抑えられ1.15台前半での推移。
明日ECB理事会を控える中で、突っ込んだ動きにも警戒感が出ていた。

 豪ドルは0.7930台まで上昇するなど、直近の高値圏での推移。
ドル全面安の流れに加えて、昨日の豪中銀金融政策理事会議事要旨での、経済成長への明るい見通しなどが支えに。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事