iMacの背中を棚にする便利でシャレオツなプロダクト

便利さはちょっとしたところから。

PCを置くデスクは壁に沿わせて置くのが一般的というか、デッドスペースがなくて効率的だとは思いますが、そうじゃない場合もありますよね。
となるとディスプレイの背面が丸出しになるわけで、見栄えが良いかと言われれば難しいところでして。

そんなディスプレイ背面のデザイン&デッドスペース問題を、iMac限定ですが解決してくれるアイデアがKickstarterに登場しました。
Baxters」という名前のこのアイテムは、iMacの背面を棚に変えるものです。

iMacを支えるスタンド、これにジャストサイズでハマる棚板のセットがBaxtersの正体。
iMacのスタンドは台形型になっていますから、この形状を利用して上から噛むように引っかけているようですね。

171207baxter02
Image: Kickstarter

安定性に関しては充分に考えられているとのこと。
加工を担当するHeartwood Creationsは、40年以上ビジネスを続けている老舗木工業者だそうです。
ウォールナット仕上げが美しい。

171207baxter03
Image: Kickstarter

取り付ける棚のバリエーションは、ご覧の通り多岐にわたります。
短めの6段棚やケーブルオーガナイザー付きの棚、棚板ではなく好きな柄をプリントしたデザインボードとしての提案もあるようです。
デスクが壁側であっても、外付けHDDやUSBハブの置き場所にちょうど良いかも。

対応するのは21.5インチと27インチ、およびそれ以前のiMac。
最低出資額は棚板のパターンや材質によって前後しますが、一番シンプルな「Nigel Baxter」のメタリックで45ドル(約5,000円)になります。
メタリックだとiMacとおそろになっていいけど、暖かみのあるウォールナットも悪くないなぁ。

Image: Kickstarter
Source: Kickstarter

(ヤマダユウス型)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事