メガネ不要プラスチックシートでDIYするシンプルなホログラムシステム

「君はラピュタ王の前にいるのだ」も「助けてオビ=ワン・ケノービ」も、もうすぐ日常になりそう。

この20年ばかり、テレビがブラウン管から液晶になり、スマートフォンのような小さな画面でも映画が見られるくらい映像が精細になりましたが、基本的に2次元であることは変わっていませんでした。
3DTVは下火になって最近はホログラム技術が次々提案されていますが、特殊なメガネが必要だったり、大がかりなディスプレイを使っていたりで、電車の中で手軽に見られそうな感じは今のところありません。

でもワシントン大学のXuan LuoさんやGoogle(グーグル)のJason Lawrenceさんたちが発表したホログラム技術で使うのは、透明なプラスチックのシートと5セント硬貨、そしてLuoさんたちが開発したソフトウェアの入ったiPad Proだけです。
iPadの上に円錐状に丸めたプラスチックの板を置くだけでホログラムが浮かび上がるシンプルさは、感動的ですらあります。
しかもiPadを回転させると、ホログラムもちゃんと回転してしっかり360度の3Dになっているんです。

Video: Xuan Luo/YouTube

iPadにプラスチックシートを置くだけで、どうしてホログラムが見えるんでしょうか? 動画によると、この仕組みではiPadに映った映像をプラスチックシートに反射してるのですが、曲面に反射させたときにちょうど良い形になるよう、iPadの映像はわざと歪めてあるんです。
またシートの形もコーン型とか楕円型とかいろいろ試したみたいですが、最終的にはiPad Proに対しては角度51度のコーン型がベスト、となったそうです。

画面の上に透明なプラスチックのメガホンみたいなものを載せてホログラムを表示、というアイデアは、じつは以前にもありました。
ただLuoさんたちによると、以前の方法ではホログラムが正しく見られるユーザーの視点が4カ所に限られていたんです。
Luoさんたちの手法では、ユーザーの位置は1カ所に固定されるものの、iPadを回転させることでホログラムの像を360度で見ることができます。

これはiPadのジャイロスコープを使って回転度合いに合わせて表示を変えることで、ユーザーが像を動かした状態をシミュレートすることで可能になっているそうです。
ただこの方法ではユーザーの視点そのものは固定されていて、動かすのはあくまでiPadの方だけなので、ユーザーが立ち位置を変えると像が歪んでしまうのは難点といえば難点です。

それでも、こんなシンプルなハードウェアで360度のホログラムが見られるのは素晴らしいです。
これなら、普段はスマホの裏にでもシートを貼り付けておいて、必要なときだけ取り外してクルッと丸めてホログラムディスプレイ、ってことにできそうです。
iPhoneのフロントカメラでも深度マップが作成されるようになったし、友だちとホログラムで気軽にチャットできる日もそんなに遠くなさそうですね。

Image: YouTube
Video: YouTube
Source: Xuan Luo via Seamless

(福田ミホ)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事