Galaxy S9に512GBモデル登場なるか!? Samsungが新フラッシュストレージを量産開始

はたして、使いきれるかどうか…。

はやくも来年1月の登場もありうると噂される、Samsung(サムスン)の新型スマートフォン「Galaxy S9/S9+」
内部性能が進化するであろうことは当然予想できますが、Samsungが新たに量産を開始した512GBのフラッシュストレージがこの端末に搭載される…可能性があるかもしれません。

2017年12月5日(現地時間)にSamsungが発表したのは、「eUFS方式」の512GBのフラッシュストレージ。
これは64層構造の512ビットの「V-NAND」を組み合わせた製品で、なんでも世界初の製品らしいですよ。

さらにこのフラッシュストレージは、次世代のハイエンドスマートフォンやタブレット端末への搭載が期待されています。
つまり、2018年のGalaxy S9/S9+や新型iPhone、それに「Galaxy Note9」などの上位モデルとして採用される…かもしれないんです。

このように大容量のフラッシュストレージは、チップの積載面積が小さいスマートフォンやタブレット端末で特に役立つことになります。
さらに、ファイルの読み書き速度(シーケンシャルリード/ライト)も860MB/sと255MB/sへと高速化を達成。
4K動画などの大容量ファイルも、さくっと転送が終わるはずです。

もしGalaxy S9/S9+が例年通り来年の早い時期に発表されるのだとしたら、このフラッシュストレージが搭載されるかどうかはなんとも微妙なところです。
しかし2018年モデルの新型iPhoneやGalaxy Note9なら、十分に512GBモデルが登場する可能性はありそうですね!

Image: Benjamin Geskin/Twitter
Source: Samsung

(塚本直樹)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事