iPhone X Plus手に取ったらこんな感じかな?

まだ確定したわけではありませんが…。

「iPhone X」登場の熱狂がいまだ冷めないうちに、ゾクゾクと登場する2018年モデルの新型iPhoneの噂。
なにやら、6.5インチの有機ELディスプレイを搭載した大画面モデル「iPhone X Plus」が登場するなんて情報もありますね。
そんな中、iPhone X Plusを持ってみたら…というイメージ画像と、さらにはiPhone X Plusの実物大とされるモックアップの動画が登場しています。

まず上の画像は、著名リークアカウントのBenjamin Geskinが投稿したもの。
時期的に考えてこの画像の端末が実物、あるいはモックであるとは考えにくいので、おそらくどこかのファンが趣味的に作ったものでしょう。

さて、iPhone X PlusとiPhone Xを見比べると、そのサイズ比はまるで「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」のよう。
そしてKGI証券アナリストのミンチー・クオ氏によれば、iPhone X Plusのディスプレイサイズは6.5インチ。
これはiPhone 8 Plusの5.5インチよりも一回り大きいのですが、ベゼルレスデザインのおかげでかなりそれなりにコンパクトに見えますね。

次にこちらは、YouTubeアカウントのReview The Bestが投稿した動画です。
真っ黒な本物のモックとされる物体は、そのサイズは間違いなく「iPhone X Plus」のもの。
握りしめている様子を見ると、男性の手でも若干持て余してしまうサイズかもしれません。
一方、iPhone 8 PlusやGalaxy Note8とはほぼ同じサイズ
このあたりも、購入の参考になりそうです。

2017年に登場した真のハイエンドモデルはiPhone Xの1機種だけでしたが、2018年モデルの新型iPhoneでは、大小2サイズのハイエンドモデルが選べるようになるかもしれませんね。

Image: Benjamin Geskin(Twitter)
Source: Benjamin Geskin(Twitter), Review The Best(YouTube)

(塚本直樹)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事