無印iPadの新型が2018年に登場するかも 価格はさらに1万円安く?

さらに廉価路線に?

2017年3月に登場した「iPad」は、3万7800円から気軽に購入できる価格設定が特徴。
しかし来年には、もっとオトクなモデルが登場するかもしれません。
海外では、より廉価な9.7インチの新型iPadが2018年に登場すると報じられているんです。

台湾紙のDigiTimesによると、なんと2018年に登場する新型iPadの価格は約259ドル(約2万9000円)
これは安い! もし情報が正しければ、日本価格で考えても現行モデルから1万円近くの値下がりとなりそうです。

なんでも報道によれば、Apple(アップル)はより廉価な製品を求めるマーケット、たとえば産業向けや業務向けで新型iPadの利用を想定しているんだとか。
たしかにそのような用途なら、高価で高性能な「iPad Pro」よりも、気軽に導入できるiPadのほうが適しています。

また個人的にも、iPad Proは高価になりすぎたのでは…という印象を持ちます。
確かにどこにでも持ち運んで使える機動性、それに「Apple Pencil」でのペン入力は魅力的なのですが、iPad Proに「Smart Keyboard」にApple Pencilに…と買い揃えていくと10万円弱くらいになってしまうんですよね。
それでも「MacBook」よりは安いのですが、ちょっと購入を戸惑ってしまう価格帯です。

なおDigiTimesによれば、新型iPadは2018年の第2四半期(4月〜6月)に投入されるとのこと。
時期的には、現行モデルのiPadを置き換えることとなりそうです。
3万円で一応最新モデルのiPadが購入できるのなら、セカンドディスプレイとして買ってみてもいいかな?

2018年iPadにはiPhone X風のベゼルレスディスプレイとFace IDを搭載か?

2018年は「iPadの年」になる予感!iPhone Xより新たに採用されたベゼルレスディスプレイとFace ID。
この2つのおかげで、iPhon…

https://www.gizmodo.jp/2017/11/iphone-x-face-id.html

Image: Apple
Source: DigiTimes via 9to5Mac

(塚本直樹)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事