今クローンのクローンがつくられているのは何故?

もはや、SFの世界になってきているような…。

トップ画像は、よく見るとそっくり…なのもそのはず。
世界初のクローン犬として誕生したスナッピーの子どもたちです。
この子どもたちもまたクローン化によってつくられたので、2世代目クローン犬の誕生とでもいうべきでしょうか。

クローン技術によって生まれた動物と聞くと、否定的なものを含めさまざまな意見が想定されます。
それでも科学者たちが「クローン犬からさらにクローン犬を誕生させる研究」を行なうのは何故なのでしょうか。

結論からいえば、クローン技術によって誕生した命は、そうでないものに比べて早期死亡や早期加齢するのかどうか調べるためであるようです。

犬のクローン化はとりわけ困難なもので、ソウル大学の科学者たちによってタイと名づけられた犬から2005年にクローンとして誕生したスナッピーは、世界初のクローン犬となりました。
ところが10歳の誕生日を迎えてまもなく、スナッピーは健康的なアフガン・ハウンドの寿命や親のタイと比べても2歳若くして亡くなりました。

スナッピーの死は必ずしも早すぎたわけではありませんが、こうした話からは世界初のクローン羊として誕生したドリーが思い出されます。
ドリーは早くに亡くなったことから、クローン技術によって生まれた動物は短命なのかという考え方が広まりました。
ただし新たな研究によれば、ドリーの死因はクローン技術によるものでなく羊に珍しくない変形性関節症という病気を患っていたことだと明らかにされています。

それでもまだクローン技術は寿命に影響するのかについて調べる余地があるとして今回、スナッピーの遺伝物質から新たにクローン犬がつくられました。

研究の共同著者であるイリノイ大学CheMyong J. Ko氏は「科学的に、非常にエキサイティングなことです」と、米Gizmodoの取材にコメント(韓国の研究チームへのコンサルタント的な立場で、犬のクローン化を担当した人物ではありません)。

具体的に犬のバイタルについて何を調べるのかは触れられていませんが、Ko氏によれば免疫システム、遺伝的特徴、行動について新たに誕生した3匹のクローン犬2世とそうでない犬と比較研究が行なわれるのではないかといいます。

先日Scientific Reportsで公開された論文によれば「医学的・個別的にフォローアップすることで、体細胞のドナーと比較しながらクローン化された動物の健康や寿命について調べる貴重な機会になる」と記されています。

120匹の犬の卵細胞を採取してスナッピーの遺伝物質と融合させた結果、3匹の母親から4匹のクローンが誕生し、1匹は激しい下痢により生後数日にして亡くなりました。
3匹はそれぞれ異なる家族に引き取られる予定で、環境のちがいによって寿命にどう影響するかも調べられることになります。

こうした研究に対する反響について米Gizmodo記者がKo氏に尋ねたところ、これまでにポジティブ・ネガティブ両方のコメントを受け取っているとのことでした。
クローン化はやがて臓器提供や組織移植に活用されることを人々は知っています」「クローンの命を奪うことになるためこうしたクローンの提供は悪だと彼らは考えるのです」と、同氏。

ソウル大学での職を解雇されたWoo Suk Hwang氏(ほかの実験で結果を改ざんしていたことが調査によって明らかになっています)の件もあって、研究チームに対して懐疑的な見方を示す人もいるかもしれません。
ただ、少なくともスナッピーが本当にクローンであることは間違いないと示されています。

動物のクローン化に関しては、これまでにもさまざまな議論が繰り返されてきました。
研究を繰り返すなかで直面する科学的な発展と、倫理的な問題。
わたしたちには、どちらかを優先してどちらかを軽視するというような二者択一的な方法しか残されていないのでしょうか…みなさんはどう思われますか?

Image: Kim et al, Sci. Rep (2017)
Source: Scientific Reports

Ryan F. Mandelbaum – Gizmodo US[原文]
(Rina Fukazu)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事