さらばADSL! 我が青春のブロードバンドよ!

本当にお世話になったテクノロジーのひとつです。

NTT東日本・西日本は2023年1月31日をもって、フレッツ光の提供エリアにおいてADSLサービスを終了することを発表しました。
これに伴い、対象エリアのフレッツADSLユーザーに対しては、「フレッツ光」の初期工事費等を無料にするキャンペーンを提供するそうですよ。

いや〜…いつかは!と思ってましたけど、具体的に日付が提示されると、いよいよ1つの通信テクノロジーが終わりを迎えるんだなぁ。
と、感慨深いものがありますね。
僕もADSLにはだいぶお世話になりましたけど、僕だけではなく、インターネットという文化や人々の生活スタイルが大きく変貌を遂げたのも、この高速回線のおかげであることは疑う余地もありません。

ただ、僕の場合はADSLデビューはちょっと遅めだったんです。
僕が住んでいる地域はネットインフラの普及が遅かったため、「速いぜ!」「すげーぜ!」「駅前でモデム貰った!」と、世間がADSL大ブームでわんちゃかわんちゃかしている中、対岸から遠くの花火を見ているかのような寂しさを感じていました。

ようやくADSLが開通した時、1Mbpsという殺人的な加速感(当時の感想ですよ)が自宅で体験できるというのは本当に悪魔的な誘惑でしたね。
ADSLは8Mbpsや12Mbps、そして47Mbpsなんてどんどん高速化されていきましたけど、我が家は基地局から遠かったので、1Mbps出るかどうか(アナログ回線なので距離による減衰が大きのです)。
家の中の配線をノイズに強いシールドモジュラーケーブルに交換したり、さまざまな策を試したんですけど、あまり劇的な効果は無かったかなぁ? そう言えば、固定電話がかかってくると回線が切れる病とかにも悩まされた記憶があります。

こんな様子だったので、今から比べたらコンディションとしてはあまり良い環境じゃないけど、やっと手に入れた憧れのブロードバンドは、当時20代の僕のインターネット欲、情報のインプット欲を満たしてくれた心の栄養剤でした。
僕にとってADSLは憧れのブロードバンドであり、20代前半を共に歩んできた友であるとも言えます。

ありがとうADSL。
僕が今、こうしてインターネットで記事を書けているのもきっと君のおかげです。

と、綺麗に〆てみましたけど、最後にちょっと補足

フレッツADSLの終了はあくまでも「フレッツ光を提供しているエリアで」となり、光ファイバーが導入されていない地域では、引き続きフレッツADSLを利用できます
また、フレッツ光の導入が遅れている地域に関しては、まだ新規受付も行われているようなので、詳しくはこちらをチェックしてみてくださいね(NTT東日本・西日本)。

Image: Photo AC
Source: NTT東日本, 西日本

(小暮ひさのり)

こちらからコメントの記入が行えます

*