今度はBMWとコラボ SnapChatがAR広告媒体として頭角を現しつつある

これからの広告はARで!

現代アーティストのジェフ・クーンズ作品を世界中のVR空間に配置し、チャットアプリでARを身近な存在にしたSnapChat

この技術と知名度を商売に利用しないテはないと、これから企業のマーケティングとしてAR広告が台頭しそうな気配が漂っています。

その例が、自動車メーカーのBMW
彼らはSnapChatのワールド・レンズ越しに、さも本物のBMWが目の前に現れたかのようなARを生み出しました。

SnapChatはこれまでも、ペプシやバカルディ(ラム酒)、Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス2』などなど、名の知れた企業広告をさまざまなフィルターレンズとしてユーザーに提供してきた事例があります。

ですがARを使った広告はBMWが初めてとのこと。
実際どのようなARなのか、映像でチェックしてみてください。

Video: BMW Group/YouTube

画面の中に現れた自動車は、ユーザーが車外をグルりと歩き回れるだけでなく、タップすればインタラクティヴな仕掛けが作動するそうです。
車種は新型SUVの「X2」ですが、おそらく若者にウケるモデルとして選んだのでしょうね。

BMWは、「ARを使えばSnapChatの世界に自然に馴染み、ユーザーたちにアピールできる、最も意味のある広告だ」と満足しているご様子。
天下のBMWがこのような試みを始めたら、従来のフィルターのようにほかの企業もこのAR広告に追随してくることでしょう。

実はFacebook(フェイスブック)から約3000億円の買収オファーを蹴ったり、5月には時価総額が300億ドルから半額に下がるなど、ビジネス的に苦難の道を歩んでいるSnap社。
このAR広告戦略が、黒字回復をもたらすでしょうか?

Image: YouTube
Source: VR focus, YouTube via Xite
Reference: SnapChat

(岡本玄介)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事