ホームレスにお金を寄付した心優しい女性が、

とんでもない事をした事に気付き発狂したと話題に。

その内容とは!!!?

 

 

ホームレスに寄付した女性の衝撃の末路

<出典:CNN.co.jp>

アメリカ中部ミズリー州カンザスシティーのメインストリートで起きた衝撃実話をご紹介します。

ここでホームレスをしていた、ビリー・レイ・ハリス。

彼はお金を集めるカップを置き、路上に座っていました。

 

たまたま通りかかったのが、心優しい女性。
サラ・ダーリン

迷う事なく、ビリーのお金集めのカップへ自分の小銭入れの硬貨を全て入れました

道に座っている見ず知らずの老人に寄付してくれる若い女性に、ビリーは心から感謝した事でしょうね。

 

しかし、この時大変なことが起こってしまったとは、サラは思ってもみなかったでしょう。

翌日、昨日たまたま外していた婚約指輪を取り出そうとカバンを探す…が…

 

あれ???ない??

あ、そうそう!無くさない様に小銭入れに入れたんだったわ!

 





ぎゃーーーーーーー!!!!!

気を失うほどの感情と共に、膝から崩れ落ちたサラ

 

そう!!

昨日ホームレスの男性に、小銭入れをひっくり返して全て寄付した事を鮮明に思い出し…。

慌ててビリーのいたメインストリートに向かいました。
が…

ビリーの姿は無い…

何よりも大切な、何にも変えられない大切な宝物、、、

何てことをしてしまったのかと、自分を責め、気が狂いそうな思いで何度も足運ぶサラ。

結局この日、ビリーと会うことは出来ませんでした。

 

 

 

指輪をゲットしたビリーがした行動とは?!

<出典:みんなのニュース>

若い女性に小銭入れの硬貨を全て寄付してもらったビリー

いつもの寝床に戻り、感謝の気持ちでお金入れのカップの中身を数え始めました…

 

が…

見たことも無いほど、キラキラと輝くものが。

?????

この時の心境を、ビリーはこう語っています!

 

「この日は驚く事ばかりだった。
心優しい女性が中身を全て寄付してくれたうえ、普段見ないものが入っていたからです。

はじめ見たときは、オモチャか何かでいらないからここに入れたのかと思いました。

でも触ってみると、重みがあり、そうではないと分かりました。

 

翌日、指輪のことが心に引っ掛かるものがあり、念の為に鑑定へ

すると驚くことに、本物のプラチナとダイヤの指輪だと判明!!!

 

鑑定士もまさかと驚き、4000ドルで譲ってくれと興奮しながら交渉

4000ドル
日本円にして40万円以上ww

毎日物乞いをしていたビリーは驚き、悩みました。

 

指輪を売れば、大金が手に入り今の生活から抜け出せる…

でもここで頭をよぎったのは、ビリーの祖父の言葉だったそうです。

牧師だった祖父からいつも教えられていた事。

 

「ビリー。
人は悪魔でもないが、天使でもないのだ。
でも努力すれば天使に近づくことが出来るんだよ。
いかなる時も、正直でありなさい。

 

祖父の言葉を思い出したビリーがとった行動とは?!

 

再開した二人のその先…!!

指輪を無くしてから2日後、サラはビリーを同じ場所で見つけ、駆け寄りました。

 

「2日前に寄付した硬貨と一緒に指輪を入れてしまったかもしれないの…」

<出典:四葉のclover>

サラの顔を見た瞬間、ビリー優しく微笑み

 

「覚えていますよ。
大事なものだと思って、あなたに返そうと思って持っていたんです

 

この話を聞いたサラのパートナーは、すぐにビリーに感謝を伝えに行き、あなたの為に力になりたいと話をしました。

<出典:四葉のclover>

サラとパートナーは、ネットで寄付を募る、『GiveForward』ビリーの神対応を拡散!!

瞬く間に、全米で留まらず世界中に広まりビリーの心の美しさに感動のコメントが殺到

沢山の寄付金が集まり、日本円で2000万円以上ww

 

ビリーは現在、この寄付でアパートと車を買い、塗装業を営む準備をしているという。

そして16年間、音信不通だった姉妹と連絡が取れ、ビリーはもうこの世にいないのかと思っていたと、感動の再開を果たすことができました!

最後に、インタビューにきた記者に対し、ビリーが言った事がとても深く、何か大切な事を思い出させてくれる一言でしたwww

家を出るとき、自分の部屋にカギを閉め、帰るときにはカギを開けられる。
この事がどんなにうれしい事か。
皆さんには伝わらないかもしれませんね。

 

<出典:THEPRAINGWOMAN>

 

何だか心が温かくなるような、感動ストーリーですねwww

『いかなる時も、正直でありなさい』