AppleARヘッドセット開発会社のVrvana買収 狙いはやはり…?

2020年にAppleから製品が発売されるのかな?

最近噂の絶えない、Apple(アップル)とARの関係。
一部ではAppleが2020年にARヘッドセットを発売するなんて噂もありますね。
そんな中、気になることにAppleがARヘッドセットを開発している企業、Vrvanaを買収していたと、海外で報じられているんです。

TechCrunchによると、Appleは今回の買収を否定しなかったものの、コメントもしていないとのこと。
またすでにVrvanaの社員がAppleで働いているという情報もあります。
なおVrvanaのホームページはまだ公開されているものの、ソーシャルメディアのアカウントは更新が途絶えているようです。

さて、このVrvanaが開発していた製品は「Totem」と呼ばれる、ARとVRを組み合わせたような製品でした。
これは本体に搭載されたカメラで読み取った周辺情報を本体ディスプレイに投影するという仕組みで、半透過型ディスプレイにMRコンテンツを投影するMicrosoft(マイクロソフト)の「HoloLens」とはまた別パターンとでもいいましょうか。
なんとも、興味深い技術です。

以前のBloombergの報道によれば、AppleはARヘッドセットとそのシステムに特化した「rOS」を開発しているとされています。
製品は2019年に製造が開始され、2020年に出荷予定。
またARプラットフォーム「ARKit」も強化されるようです。
ARKitはiOS 11から搭載されましたが、これも数年後の新製品の登場を見越したAppleの戦略なのかもしれません。

以前Appleのティム・クックCEOは、「ARヘッドセットを製品化する技術はまだない」と語ったことがあります。
そして今、まさにその製品化するための技術獲得すべく、Appleは虎視眈々と戦略を練っているのでしょうか。

Image: © 2017 Vrvana via Vrvana Blog
Source: TechCrunch via MacRumors

(塚本直樹)

こちらからコメントの記入が行えます

*