ロビン・フッド越え!? 現代最強の弓使いのテクニックがすごすぎる

この人、神がかってる…。

ロビン・フッドを超えた現代最強の弓使い、Lars Andersenさんの弓術テクニックがすごすぎます。

彼は5000年以上前の資料を遡り、西洋から東洋まで世界中のあらゆる弓術を研究し、トレーニングを経てテクニックを習得したそうです。

Lars AndersenさんのYoutubeチャンネルの更新頻度は高くありませんが、今月になって2本、魔法かと思うような弓術テクニック動画を公開しました。

ひとつは、弓矢をカーブさせて射るテクニック。
対面の物体を避けて奥の対象物を確実に射るというスゴ技です。

真正面に人を立たせながら、その奥に置かれたコーラの缶を確実に射止めるという…彼によれば100%人に当たることはないそうです。

Video: larsandersen23/YouTube

もうひとつは、古代インドのマハブハラタという弓術テクニックを独自に学んで実践しています。
3本の弓矢を同時に放ち確実に獲物を仕留めるテクニックから、鏡の反射を見ながら回る木魚を射止めるテクニックなども披露。

Video: larsandersen23/YouTube

どうですか、このスゴ技の数々…。
紀元前から現代まで、史上最強の弓使いかもしれません。

Image: YouTube via Gizmodo US
Source: YouTube(1, 2)

Andrew Liszewski- Gizmodo US[原文]
(mayumine)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事