独連立の動き前進でユーロ買い

 ロンドン市場に続いてユーロ買いが主導する展開となった。

1.19の大台に乗せたことでポジション調整の動きが加速。

1.1944までと、ユーロ買いの動きが加速した。

 このところのユーロの最大の懸念材料であった独政局に
かなり前向きな話が広がってきたということで
ユーロ買いの動きは来週にかけてさらに強まる可能性も。

 ユーロは対円でも買いが入る展開。
米株がしっかりとなったことも好感し
ユーロ円、ポンド円などの買いが目立った。

 ドル円はクロス円の買いに支えられ、
ロンドン市場につけた高値を超えて、111円62銭まで。

高値を付けた後の戻りが鈍く、高値圏でのもみ合い。

午後に入って株式市場などがクローズすると動きを失ったが、調整は限定的。

 NY原油が大きく上昇し、カナダ買いに。

NY原油は来週のOPEC総会を前に、ロシアとOPECが延長の枠組みで合意と報じられ、
大きく上昇、終値ベースで1.6%高まで上値を伸ばす展開となった。

非公式会合の関係者が匿名を条件にメディアに伝えたもの。

来週30日に行われるOPEC総会での延長決定に向けて
月曜日から各国要人が総会が開かれるウィーンに入り調整を行うとみられている。

minkabuPRESS編集部 山岡

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事