ああ物欲センサーがビンビンに! ライカからコンパクトなファインダー付きミラーレス一眼ライカ CL登場

こうも魅力的だと、もう俺は……。

ライカから、ミラーレス一眼の新機種「ライカ CL」が12月に発売されます。

2400万画素、APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載。
画像処理エンジンは「LEICA MAESTRO II」、49点の高速AFエリア、4K 30fpsの動画撮影に対応しています。
また、Wi-Fiも搭載しています。

171123LIECACL-02
Image: Leica Camera AG

なんといっても、たたずまいがいいですね。
ライカの伝統的なデザインを踏襲。
コンパクトながらも精悍なフォルムは、見ているだけでいい写真が撮れるような気にさせてくれます。

171123LIECACL-03
Image: Leica Camera AG

本機には「EyeResテクノロジー」を駆使したEVFが搭載されています。
画素数は236万ドット
タイムラグは認識できないレベルということ。
ファインダーを覗いて撮影したい派(僕のこと)にとっては、これはかなり魅力的です。

171123LIECACL-04
Image: Leica Camera AG

本体上部の2つのダイヤルで直感的な操作が可能。
小さいながらも視認性のいいディスプレイで、現在の設定状況が一目でわかります。

いいなー。
これいいなー! ライカのデジタルカメラ、いろいろ出てますが、僕の中ではこれがNo.1です。
まだ実物見てませんが、これはいいものに違いない。
触りたい!!

予想実売価格は37万円前後となる模様。
ぐぬぬ……。

171123LIECACL-05
Image: Leica Camera AG

ライカ CLと同時に、レンズも発売されます。
ライカ エルマリート TL f2.8/18mm ASPH.」は、わずか約80g、21mmというコンパクトながらも、描写は同クラスのレンズではバツグンとのこと。

ライカ CLとライカ エルマリート TL f2.8/18mm ASPH.のキットは、予想実勢価格50万円前後となっています。

いやー、かなり魅力的。
価格もライカのカメラとしては、それほど高いというわけでもありません。
安くもないですけどね

ライカのデジカメを買うとしたら、僕は迷わずライカ CLにしますね。
もう決めました。
あとは、購入資金をどうするかですね。

Image: Leica Camera AG
Source: Leica Camera AG

(三浦一紀)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事