生春巻きのカロリーや糖質は?ダイエット向きの具のレシピを紹介

生春巻きのカロリーや糖質、ダイエット中でも痩せる具材についてまとめました。
ダイエット向きの具材を取り入れて、生春巻きのカロリーや糖質を気にすれば痩せるための食事に取り入れられます。
生春巻きのカロリー&糖質をチェックしてダイエットで痩せる具を取り入れましょう!

目次

  1. 生春巻きのカロリーや糖質を知りたい!
  2. 生春巻きのカロリーはどのくらい?
  3. カロリー以外に知りたい!生春巻きの糖質は?
  4. 生春巻きのカロリーや糖質は具材によって異なる
  5. 生春巻き作りにおすすめな野菜の具材は?
  6. 美容効果も高いアボカドも生春巻きの具材におすすめ!
  7. ダイエット中にも最適なタンパク質系の具材は?
  8. 生春巻きをダイエットに取り入れるメリット&デメリットは?
  9. 痩せるために取り入れたい生春巻きの食べ方のポイント
  10. 生春巻きのカロリーや痩せるための食べ方をチェックしよう!

生春巻きのカロリーや糖質を知りたい!

ダイエット中は知っておきたい生春巻きのカロリー

ダイエット中は自分が食べるもののカロリーが気になりますよね。
しっかりとカロリーをキープしながら食事をとることによってダイエット中も安心して美味しい料理を楽しむことができます。
ヘルシーな料理として人気を集めている生春巻きも、実際はどのくらいのカロリーがあるのか知っておけば安心。
生春巻きのカロリーを知って、ヘルシーにいただきませんか?

andivietnameseさんの投稿
23735529 431569363911503 2423868878011498496 n

ベトナム料理として知られる生春巻きはたっぷりの野菜が入っているのが嬉しいポイント。
いろいろな好みの具材を組み合わせながら自分オリジナルの生春巻きを作ることができます。
ヘルシーな印象のある生春巻きですが、やはり食べ過ぎるとカロリー過多になってしまうこともあるのでカロリーを知っておいて、1日の範囲内で食べていくことが大切。

カロリー以外にダイエット中も安心な痩せる生春巻きの具材もチェックしよう

tmb_lunchさんの投稿
23967345 171654723419713 5079677899951308800 n

「生春巻きのカロリーってどのくらい?」「ダイエット中でも痩せる生春巻きの食べ方を知りたい!」という場合にぴったりな生春巻きのカロリーやおすすめの具材についてまとめました。
生春巻きの具材を工夫すればカロリーをおさえてヘルシーにいただくことができます。
ダイエット中にはどんな具材を取り入れれば良いのかチェックして、生春巻きを味わいましょう!

Thumb低糖質ダイエットの効果とやり方を紹介!効果的な朝食・メニューなど

生春巻きのカロリーはどのくらい?

生春巻きに使う皮のカロリーは70kcalほど

それでは、まずは生春巻きに使う皮のカロリーについてチェックしていきましょう。
生春巻きの皮として使われているのがライスペーパーと呼ばれるもの。
乾燥しているライスペーパーにお湯や水をつけて濡らし、具材を巻いていくのが生春巻きの一般的な食べ方です。

okano_familyさんの投稿
23735021 2017157178553489 3754863540641464320 n

ライスペーパーに使われている材料は片栗粉や上新粉であることがほとんど。
片栗粉はでんぷん、上新粉は米を原料としているため炭水化物であることがわかりますね。
ライスペーパーのカロリーは70kcalほどと、意外と高めなのも原料に由来しているのではないでしょうか。
生春巻きを食べる場合はこのカロリーを基本にして考えていきましょう。

生春巻きの平均的なカロリーは110kcalほど

hiyosinさんの投稿
23823265 550708391939099 8970376369808605184 n

生春巻きのカロリーは、ライスペーパーのカロリーに具材のカロリーをプラスしたものになります。
生春巻きの平均的なカロリーとしてあげられるのが110kcalほど。
生春巻き1本あたりがだいたい110kcalになります。
生春巻きを食べる場合はこのカロリーをチェックしておくと、カロリーの摂取しすぎとおさえることができるようになるのでおすすめ。

カロリー以外に知りたい!生春巻きの糖質は?

ダイエット中はカロリー以外に糖質も大切

ダイエット中はカロリーだけでなく糖質もチェックしておく必要があります。
糖質はエネルギーに変えることができれば大丈夫ですが、エネルギーに変わらずに体内で蓄積されると脂肪になってしまうので太る原因に。
糖質のとりすぎによってダイエットの妨げになってしまうため、カロリーだけでなく糖質にも注意しておきましょう。

shouzimireiさんの投稿
23824774 108124049969199 5741377449384476672 n

糖質にも意識を向けていれば食材の取捨選択がしやすくなり、効率的なダイエットにも繋げられるのが嬉しいポイント。
もちろん、糖質は健康的な生活を送る上で欠かせない栄養の1つでもあるので適度に摂取しながら控えめにしていきましょう。

生春巻きの平均的な糖質は20gほど

yukiokamigawaさんの投稿
23824445 307388756430967 2521899728426237952 n

生春巻きの皮の原料は片栗粉と上新粉になっているので、大部分が炭水化物で作られているのがわかります。
生春巻きの皮の1枚あたりの糖質量は15gほどと言われているのでぜひチェックしておきましょう。
これに具材の糖質もプラスした平均的な糖質量は20gほどになります。
糖質にも目を向けながら美味しい生春巻きをダイエットに取り入れてみてくださいね。

生春巻きのカロリーや糖質は具材によって異なる

入れる具材によってダイエットに最適なカロリー&糖質にできる

gotoast923さんの投稿
23823822 169724113620159 813100844584009728 n

生春巻きのカロリーや糖質や入れる具材によって異なります。
生春巻きの皮のカロリーや糖質を基本として、それに具材のカロリーや糖質がプラスされるため、具材を工夫しておけばダイエット中でもカロリーや糖質をおさえながら美味しく生春巻きをいただくことができるように。
バランスを考えながら生春巻きを作って、ダイエットに活用してみてはいかがですか。

工夫をしながら生春巻きを作ろう

nogimeguさんの投稿
23823568 489933041406181 1112418734644920320 n

どういった食材であれば生春巻きのカロリーや糖質をおさえることができるのか事前に知っておけば、簡単にヘルシーな生春巻きを作ることができるようになります。
生春巻きはいろいろな具材を使って簡単に作ることができるので、ぜひヘルシーな食材を取り入れて健康的なダイエットの食事に仕上げてみてくださいね。
ダイエット中におすすめの具材を見ていきましょう。

生春巻き作りにおすすめな野菜の具材は?

パプリカやトマトなどの緑黄色野菜

生春巻き作りにおすすめしたい具材といえば、緑黄色野菜。
緑黄色野菜にはビタミンやミネラル、食物繊維など健康的に痩せるために必要な栄養がたっぷり含まれています。
パプリカやトマト、紫玉ねぎ、オクラ、アスパラなどさまざまな種類の緑黄色野菜が生春巻きと相性ぴったり。
いろいろな野菜を組み合わせながら美味しい生春巻きを作ってみてはいかがですか。

緑黄色野菜を使うことによってカラフルな生春巻きに仕上げられるのも嬉しいポイント。
色がきれいな生春巻きを作れば、女子会などのおもてなしにも活用することができそうですね。
色にも注目しながらヘルシーな生春巻き作りにチャレンジしてみてはいかがですか。

パクチーや大葉などの具材で風味付け

satokomuraさんの投稿
23823400 1532579736835978 4572575084157337600 n

生春巻きを風味豊かにしたい場合に欠かせないのが大葉やパクチーといった食材。
これらの食材を入れることによって、一気に風味がアップします。
特にパクチーはデトックス効果が高いと言われている食材なので、ダイエット中はぜひ取り入れておきたいですね。
パクチーをたっぷり入れて、エスニック風味満点の生春巻きを楽しんでみてはいかがですか。

Thumbトマトの栄養値と効能まとめ!効果的に栄養を摂取する方法とは?

美容効果も高いアボカドも生春巻きの具材におすすめ!

食べる美容液と呼ばれるアボカド

生春巻きと相性ぴったりなのに加えて、栄養も豊富な具材としておすすめなのがアボカド。
濃厚な味わいのアボカドがさっぱり風味の生春巻きのアクセントになってくれます。
アボカドにはビタミンEをはじめとしたビタミン類が豊富に含まれ、食べる美容液と呼ばれるほど美容効果が高いのが嬉しいポイント。
ダイエットだけでなく肌の調子も整えたい場合に最適です。

痩せるために必要な栄養も豊富

アボカドには不飽和脂肪酸も含まれており、これが脂肪を燃焼しやすい体の状態を作ってくれると言われています。
脂肪酸というと太るイメージがありますが、アボカドに含まれているのは体に必要な脂肪酸なのでぜひダイエット中も摂取してみてはいかがですか。

Thumbアボカドは食べる美容液!栄養成分の効果を味方に美肌を手に入れよう!

ダイエット中にも最適なタンパク質系の具材は?

ダイエットのサポートになるサーモン

miyazawamakikoさんの投稿
23824579 918008035024143 5397163029227896832 n

生春巻きの具材として人気のサーモンも不飽和脂肪酸を含んだ栄養満点の具材。
脂肪を燃焼しやすい体づくりのサポートになります。
また、アスタキサンチンをはじめとした美容に良い栄養が含まれているのも魅力。
ビタミンB群をはじめとした栄養も豊富です。

高タンパクなササミ&鶏胸肉

低脂肪で高タンパクなササミ&鶏胸肉も欠かせません。
弱火でじっくり加熱をすればしっとりと柔らかな食感に仕上げることができるので、美味しい生春巻き作りに役立ちます。
ヘルシーにタンパク質を摂取したい場合に取り入れてみてはいかがですか。

Thumb鶏ささみのタンパク質は一本でどのくらい?胸肉と比較してみた!

生春巻きをダイエットに取り入れるメリット&デメリットは?

メリット:栄養バランスを整えやすい

emi5953さんの投稿
23734450 525832097781562 4148961549219790848 n

それでは生春巻きを食べる場合のメリット&デメリットをチェックしていきましょう。
生春巻きのメリットとしてあげられるのが栄養バランスを整えやすいということ。
野菜とタンパク質をしっかりと摂取することができるので栄養が偏りがちなダイエット中の食事のサポートになってくれます。

デメリット:具材によっては腹持ちが悪い

生春巻きのデメリットとしてあげられるのが、入れる具材によっては腹持ちが悪くなってしまうことです。
腹持ちが悪くなることによって「もっと食べたい!」という気持ちが湧いて結局はカロリーや糖質の摂取のしすぎになってしまうので気をつけましょう。
生春巻きを食べる場合は食べ方のポイントをおさえておくことも大切です。

痩せるために取り入れたい生春巻きの食べ方のポイント

生春巻きを主食と捉え、よく噛んで食べる

suimoamaimo_chanさんの投稿
23824880 1408045022626724 5651339494452887552 n

生春巻きを食べる場合は、生春巻きを主食として捉えましょう。
生春巻き以外にご飯や麺を食べると糖質やカロリーのとりすぎになってしまうので、生春巻きをメインとして食べるように意識をします。
また、満腹感を増すためにしっかりと噛むことも大切。
噛むことによって満腹中枢が刺激されるので、腹持ちが良くなります。

生春巻きにタンパク質を取り入れる

touenbou_sさんの投稿
23734069 169569306971728 3046289392449617920 n

生春巻きの腹持ちを良くするためにおすすめなのがタンパク質を入れる方法。
鶏胸肉やササミといったタンパク質を入れることによって消化がゆっくり行われ、腹持ちが良くなると言われています。
良質なタンパク質は筋肉の生成に役立ち、痩せる体づくりのサポートになるのでぜひ取り入れてみてくださいね。
このように工夫しながら生春巻きを食べてみましょう。

生春巻きのカロリーや痩せるための食べ方をチェックしよう!

gurico2121さんの投稿
23735243 1766617393644307 5848925779823427584 n

生春巻きのカロリーや糖質を事前に知っていれば調節しながら食べることができるようになります。
食べ方も工夫して、ヘルシーで美味しい生春巻きをいただいてくださいね。

こちらからコメントの記入が行えます

*