温度や硬さまで! VR内の触感をリアルに感じられるグローブHaptX Gloves

仮想と現実がついに合致するかも!?

近頃のVR技術の発達で、視覚に関しては限りなくリアルに近いコンテンツが増えてきましたが、まだまだ追いついていないのが、触感の部分。
目は騙せても、触れたときの感覚というのはなかなか騙せないのでしょう。
ただ、米engadgetによると、HaptX社のVRグローブ「HaptX Gloves」がその壁を越えようとしているようなんです。

20171121-HaptX-2
Image: HaptX

このVRグローブは、ピクセル上に無数に散りばめられたエアーポケットが編み込まれた「HaptX Skin」という素材でできており、VRコンテンツ内で触れると、エアーポケットが膨らみ、まるで本物のような触感をユーザーに与えてくれます。
感覚の強い指先と、弱い手のひらとではエアーポケットの密度や大きさも異なり、触れている手の位置もしっかり認識できるのだとか。

米engadget記者が試したモデルはまだプロトタイプのようですが、技術が進めば、VR世界の中で触れた物の形状、素材、重さ、硬さ、そして温度まで表現できるようになるそうです。
水しぶきが手に触れたときの感覚や、動物に触れたときの感覚、バスケットボールを掴んでるときの感覚など、あらゆる触感を再現できるわけですね。
VRの中で手のマッサージとか受けたらどうなるんだろう。

Video: HaptX/YouTube

ちなみに、理論的にはこのHaptx Glovesの技術を応用して全身を覆うボディスーツのようなものも作れるそうなんですが、そうなると、もはや仮想と現実の違いがつかなくなってしまいそう…。
フルボディスーツを着て、『バイオハザード』とかプレイしている状態をイメージしてみてくださいよ。
握っている銃の細かな形状の違いや、体に飛んできたゾンビの生暖かい返り血とかも感じられるようになるのかも。
それ以外にもあんなことやこんなこと、いろいろ想像しちゃいます。

来年のリリースを予定していますが、しばらくは法人向けのデバイスとなるようで、個人向けの展開はまだ未定とのこと。
ただ、このVRコントローラーがより小型になり、一般向けにリリースされたとき、ようやく私たちは本当の意味でVRの世界に羽ばたいていけるようになるわけですね! 楽しみに待っていましょう。

Image: HaptX
Source: engadget, HaptX, YouTube

(Doga)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事