YouTubeアプリがAmazon Echo Showに帰ってきた! さらにVimeoやDailymotionにも対応

YouTubeアプリは必須ですよね。

今年9月に突如勃発した、Amazon(アマゾン)の画面付きスマートスピーカー「Echo Show」からYouTubeアプリが引き下げられるトラブル。
テック業界の巨人の衝突に若干怯えながら様子を見守っていたら、最終的にYouTubeアプリがEcho Showに帰ってきました!

YouTube: Voicebot/YouTube

トラブル勃発時には、「AmazonによるEcho ShowでのYouTubeアプリの実装は我々の利用規約に違反しており、顧客の体験を損なうもの」と、Google(グーグル)からかなり手厳しく指摘されていたAmazon。
しかし復活したEcho ShowのYouTubeアプリでは、チャンネル登録や次のビデオのおすすめ、自動再生など、いわばデスクトップやモバイル版にかなり近づく機能が実装されたようです。

ただしThe Vergeによれば、そのインターフェイスは洗練されておらず、またボイスコントロール機能との連携もイマイチなんだとか。
Echo Showといえばもちろん音声で操作するので、この辺の操作性はぜひ改善されて欲しいところです。
もしかしたら、舞台裏では開発がかなり急がれていたのかもしれませんね。

それ以外にもVoicebotが伝えるところによると、Echo ShowはYouTubeアプリだけではなく同じく動画配信サービスのVimeoやDailymotionにも対応した模様。
どちらもインターネット上でよく目にするサービスですね。
またAmazonのスポークスマンはThe Vergeに対し、「YouTubeやVimeo、Dailymotionへの対応に興奮しているとともに、さらなる動画配信サービスの追加も予定している」と伝えています。

YouTubeアプリが帰ってきたことで、なんとか本領を発揮できる土台が整ったEcho Show。
今後はどんなサービスが対応するのか、楽しみに待ちたいですね。

Image: Amazon
Video: YouTube
Source: Voicebot via The Verge

(塚本直樹)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事