狙うはロボット業界のiPhone ロボット歴50年のカワサキが本気

オープンプラットフォームですから、その気さえあれば誰でもロボット開発にチャレンジできますよー。

スマートフォン普及の影には、アプリの存在があります。
アップルやGoogleがアプリストアを一般に公開することで、全世界各地、津々浦々のエンジニアやサードパーティが参戦。
ハードウェアを設計できなくても、自作アプリのクオリティ次第で数千万もの売上を記録する「アプリ長者」なんて言葉もありましたね。

それらアプリが、プラットフォームであるスマートフォン自体の魅力を高めてユーザーを増やし、めぐりめぐってアプリのユーザーも増えていく…なんと素敵な上昇スパイラルでしょうか。

そんなスパイラルは、スマートフォン業界だけの話じゃありません。
オープンなプラットフォームが時代を加速させていく潮流は、ほかのジャンルでも起きつつあります。
その1つを担おうとしているのが、カワサキこと川崎重工
バイクに新幹線、潜水調査船しんかいなどなど、その時代々々に強烈なインパクトを残すプロダクトを作り続けて121年。
じつは50年前から産業用ロボットの開発・製造も行っている、ロボットメーカーでもあるのです

川崎重工がオープンイノベーションの手法で推進しようとしている分野、それは、オープンプラットフォームなヒューマノイド(人型)ロボットです。

11月29日(水)~12月2日(土)に渡って開催される、2017国際ロボット展 iRexの川崎重工ブースに展示されるヒューマノイドロボットは、人間大のサイズに納めながらも、60kg以上の荷物を運搬し、懸垂をすることもできるパワフルさを備えています。
服を着た個体もあり、ロボットと人間が並んで作業できる日が来ることを予感させるものです。

すでに工業用ロボットで一定のシェアを築いている川崎重工が、ヒューマノイド型ロボットに進出する狙いは何なのか?キーパーソンに訊きに行ってきましたよ。

川崎重工は産業用ロボットメーカーから総合ロボットメーカーを目指す

ソフトバンクがボストン・ダイナミクスを買収、ソニーが新型AIBOを発表、ホンダもASIMOのチームを再編しはじめたりと、日本のロボットの市場が大きく動こうとしている2017年。
川崎重工はどのような目的意識で、ヒューマノイド型ロボットの開発をはじめたのでしょうか。

まずは、キーパーソンの1人である川崎重工業常務執行役員でロボットビジネスセンター長、そして日本ロボット工業会の副会長を務めている橋本康彦さんにお話を聞きました。

kawasaki_hashimoto3

橋本:川崎重工がヒューマノイド型ロボットに力を入れているのは、「まずはみんなでマーケットを大きくしよう」というのがテーマです。
たとえば、何十もの店が集まっているショッピングモールは、1つの商店よりも多くの人を集められます。
我々が目指すのはこのショッピングモールのような存在です。
ロボットには、このショッピングモールの駐車場が毎日満車になるような、そういう大きなマーケットになる可能性があると考えています。

現在も、川崎重工はさまざまな産業用ロボットを扱っています。
工場用だけではなく、医療向けもありますし、ヒューマノイド型の開発も始めました。
我々の核は産業ロボットで培った、お客さまの信頼性。
安心して長くお使いいただけるし、なにがあってもすぐ飛んでいってサポートできるという、ロボットの生涯をしっかり保証できる体制が整っています。

「ロボットはまだ危険な存在で、安全柵の中に設置するようなものだからウチでは使えないね」という声も聞きます。
だからこそ、川崎重工は産業用ロボットメーカーから総合ロボットメーカーに転向し、「人間の隣に座っていても大丈夫なロボット」といえるものを作りたいと考えています。

kawasaki_hashimoto2

―― 人間と、自然に共存できるロボットが、何気なく家庭や街中にいたとしたら。
夢、広がりますね。

橋本:ロボットを社会に広めていく中では、やはり人間が直感的に判断する部分を形にすることが大事だと考えています。

今のヒューマノイド型はいわゆるタフなロボットのイメージで作っています。
人でいうと、結構がっちりした体型で、重いものも運べるし、蹴飛ばして倒れても全然大丈夫です。
頼もしい外観ですが、いかつさもあり、普通の家庭にはニーズはないでしょう。
そこで、もっとコンパクトでスリムで優しいロボットも考えています。
最終的には、人間の横にいて全然違和感のないロボットが、1つの目標ですね。

なぜヒューマノイド型なのかというと、人間のいる社会で動かすものだからです
階段の段差、ドアノブの重さ、ダンボール箱のサイズなど、この世界のさまざまな環境は人間のサイズや力、動ける範囲に合わせて作られています。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事