iOS 11.2で7.5Wの高速ワイヤレス充電が開放へ!ベータ版で確認

真の実力、開放へ。

今年発売されたiPhone 8/8 Plus、iPhone Xの全モデルが無線充電に対応しているわけですが、その充電マットも近いうちに進化するでしょう。
Apple(アップル)が配布を開始したiOS 11.2 ベータ版で、7.5Wの高速無線充電機能の開放が確認されたのです。

iPhone 8/8 PlusやiPhone XはQiベースの無線充電に対応しているのですが、現時点では5Wの無線充電しか利用することができません。
しかしMacRumorsによれば、対応アクセサリに「高速ワイヤレス充電は、年内に無料で提供されるソフトウェアアップデートによって利用できるようになります」とのことです。

さらにアクセサリメーカーのRAVpowerから受けとった情報によると、iOS 11.2 ベータ版では本来の仕様となる7.5Wでの無線充電が可能になったそうです。
また実際にBelkinの無線充電マットで試したところ、実際に充電速度が高速化(46%から60%の充電に対し、30分)していたとのこと。
早くこの高速無線充電を自宅でも試してみたいですね〜。

なおQiは、バージョン1.2にて最大15Wでの充電が規格化されています。
現行モデルのiPhoneか、あるいは将来の新型iPhoneがさらに無線充電の速度をあげてくるのかどうかは、なかなか気になるところ。

iOS 11.2は説明にもあるとおり、年内にリリースされることでしょう。
あとは来年発売されるApple純正の無線充電マット「AirPower」の登場が、ひたすら待たれますね。

Image: Apple
Source: MacRumors, RAVpower
(塚本直樹)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事