ポップになったボストン・ダイナミクス社の新型ロボ犬SpotMini

「おや? 皆さんはじめまして」

とでも言っているかのような動きでカメラを覗き込む、 Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)社の犬型新ロボット「SpotMini」がお目見えしました。

これまで見てきたデザインよりポップでスタイリッシュな形状となり、黄色いボディーがイカしています。
ソニーから新型「aibo」が復活したのに対抗してではないと思いますが、時期的にカブっているのは偶然でしょうか?

ではSpotMiniのティーザー動画をご覧ください。

Video: BostonDynamics/YouTube

かつて発表されたSpotMiniは、長い首を器用に使い、コケても立ち上がる健気なロボ・ドッグでした。

しかしその首がなくなり、4本脚の曲線も動物らしい美しいカーブになっているのは……ソフトバンクの傘下になり、孫さんからの鶴の一声があったからなのでしょうかね?

動画の最後には「カミング・スーン」とあったので、これが業務用に発表されるのか? 市販することを目的としていのか? その辺りも気になります。
監視カメラに脚が生えたかのようなこのSpotMini。
あの首こそがウリだったと思うのですが……それがなくなった今、需要はどこにあるのでしょうか?

この調子で、人間のようにコケる二足歩行人型ロボットもスタイリッシュに生まれ変わるかもしれませんね。
いろいろと続報を待ちたいです。

Image: YouTube
Source: YouTube
Andrew Liszewski – Gizmodo US[原文]

(岡本玄介)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事