穴に落ちて死んじゃったマンモスになぜかオスが多い謎

マンモスのオスもやっぱり男の子気質…なのでしょうか。

マンモスのDNAを分析していたヨーロッパの研究者たちがちょっと不思議なことに気づきました。
穴や湿地にはまって死んでしまった保存状態のいいマンモスの死骸には、なぜかオスが多いと。
理由を探るには、遠い親戚である現代のゾウにヒントが隠されていると研究者たちはいいます。

想像してみてください。
1万2000年前、氷河期最後の頃
一匹のマンモスが凍った湖を渡ろうとしています。
ビシビシビシっと氷にヒビの入る音が響き渡りますが、マンモスは気にせず、反対岸を目指して歩き続けます…が、その瞬間、バリっと氷が割れ、大きな体のマンモスが湖の中へと飲まれてしまいます。
マンモスは必死にもがきますが、数分後溺れて沈んで行きます(悲しすぎる!)。

そしてこのマンモスは高い確率で、オス。
DNAサンプリング分析をしていたスウェーデンの自然歴史博物館の研究チームがCurrent Biology誌に発表した研究によると、奇妙なことに彼らが分析していた98のマンモスのDNAのうち70%がオスだったとのこと。
オスとメスの出生比率は均等です。
となると、これまでに発見されている保存状態のいいマンモスの死体のほとんどがオスであるというのは、これが原因で死んでしまったマンモスはオスが多いということになります。
まさかオスのほうが鈍臭かったから? いえいえ、ちゃんと研究チームが理由を探ってくれました。

この地球上で最後のマンモスは紀元前1650年頃、ウランゲリ島で絶滅したといわれています。
マンモスは長い歴史の中では比較的最近絶滅したということと、氷の下で死体が冷凍保存されていることが多いため、科学者たちがDNAのサンプルを採取して分析することができるのです。
しかしどんな古生物学の調査でもいえることですが、調査する対象物や調査者の性質や能力によって対象の層に偏りが生まれてしまうということがあります。

今回の研究論文の共同著者Love Dalénさんはこのように語っています。

ではなぜオスばかり落っこちてしまうんでしょうか。
この論文によると、まだ経験の浅いオスのマンモスが1人で移動し、湖や穴に落っこちてしまうというケースが多かったと考えられているようです。

mannmoth3
Image: Flying Puffin/Wikimedia

現代のゾウの習性をみれば、オスの単独行動説の道理がとおるのもわかります。
ゾウはメスの群れと若いゾウたちが一緒に行動します。
若いゾウは経験豊富なメスに率いられて、移動しながら成長します。
いっぽう大人のオスは単独行動することが多いため、危険を起こしがちなんです。

「経験豊富なメスに率いられるということのないオスのマンモスは、1人行動するため穴や湖にはまってしまう確率が高かったのです」とDalénさん。
どんな世界でも先輩の背中を見て行動・実践することは大切なんですね。
オスが鈍臭かったというのではなく、種の習性ゆえの死因だったというのが正しい結論かもしれません。

この研究からわかるのは、マンモスとゾウの習性が驚くほど類似しているかもしれないということ。
化石はその動物の成分や組織だけでなく、社会性や習性まで語ってくれるんですね。

Images: Shutterstock
Source: Current Biology, Wikipedia(1, 2)

George Dvorsky – Gizmodo US[原文]
(岩田リョウコ)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事