音質にもコダワリを オンキヨーのGoogleアシスタント対応スピーカーG3が11月下旬登場

スマスピでも、サウンド面にコダワリたい。
だってスピーカーなんですものね

オンキヨーからGoogleアシスタント対応の「スマートスピーカーG3(VC-GX30)」が11月下旬に発売されます。
欧米では10月から販売されていたモデルで、Google Homeの上陸に伴い国内でもいよいよスタート!というわけですね。

基本はGoogle Homeスピーカーと同じく、「OK Google, 〜〜〜」とAIアシスタントの対話で音楽を再生したり、天気を調べたり、スマートホームをコントロールできます。
またChromecast built-inにも対応しているので、対応機へのストリーミング再生も楽しめますよ。

そしてなにより、オーディオブランドゆえのコダワリには注目したいポイントですね。

171114onkk01
Image: ONKYO

新設計されたカスタムウーファーを搭載し、エンクロージャー内にはロングストロークドライバーとソフトドーム型ツィーターを採用(各1つ)。
音質の向上と広く深みのある音場を確保しているとのこと。
筺体設計も共振や共鳴、安定波をコンピューターを使ってマッピングして調整を行なうなど、豊かな音楽体験を得るための技術や思想が詰め込まれています。

スピーカーにこだわっているだけあって、価格.comによると市場想定価格は2万5000円前後とのこと。
同価格帯のモデルには、ソニーの「LF-S50G」がありますね。
G3の詳しいスペックはこちらをどうぞ。

小型でも賢く、頼りになって、そして力強く。

知性だけでなく、スピーカー本来の音質面での追求も欠かさないオンキヨーの「スマートスピーカーG3(VC-GX30)」。
スマスピでも音質にコダワリたい!という本格派には要注目の1台なのでは?

Image: オンキヨー, PRTIMES
Source: オンキヨー via PRTIMES, 価格.com

(小暮ひさのり)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事