トレーニングベルトのおすすめの使い方!効果や選び方の注意点は?

日頃から筋トレを行っているトレーニーの間では有名ですが、一般的にトレーニングベルトはあまり知られていないのではないでしょうか。
トレーニングベルトは筋トレなどを行う上で必要なグッズでもあります。
トレーニングベルトの効果や使い方、そして選び方などご紹介します。

目次

  1. トレーニングベルトとは?
  2. トレーニングベルトの使い方
  3. トレーニングベルトを使用する効果
  4. トレーニングベルトを使ってできる筋トレ
  5. トレーニングベルトの種類
  6. トレーニングベルトの選び方
  7. 形や幅などでトレーニングベルトを選ぶ
  8. トレーニングベルトを素材で選ぶ
  9. ロック方式でトレーニングベルトを選ぶ
  10. トレーニングベルトを使う時の注意点
  11. おすすめのトレーニングベルトのご紹介!
  12. ゴールドジムプロレザーベルト
  13. 【adidas】ナイロンウエイトリフティングベルト
  14. 【Harbinger】女性用トレーニングベルト
  15. 普段の筋トレにトレーニングベルトを活用しよう!

トレーニングベルトとは?

日頃から筋トレなどのトレーニングを行っているという方もいらっしゃると思いますが、トレーニングベルトを使って筋トレをしているという方は少ないかもしれません。
また、一般的にはあまり知られていないトレーニングベルトではありますが、ジムなどに通っている方はトレーニングベルトを使って筋トレをしている人を見かけたことがあるのではないでしょうか。

musclelabgramさんの投稿
18299501 206663073174555 3443984874225008640 n

そんなトレーニーの間では有名なトレーニングベルトとはどのようなものなのでしょうか?トレーニングベルトはパワーベルトとも呼ばれており、巻くことによって筋トレ効果を高めたり、身体に負担がかかるのを軽減したりケガ防止のために使用するものです。

mayumifumuさんの投稿
22580999 124200778227178 4215959298120876032 n

軽い筋トレであればそこまで身体に負担がかかることはないので、トレーニングベルトをしないことも多いですが、重量を加えて本格的なトレーニングをする場合は、身体に大きな負担がかかってしまいます。
その負担を軽減するためにトレーニングベルトを使用して筋トレを行うのです。

トレーニングベルトの使い方

トレーニングベルトの使い方についてですが、巻き方は通常のベルトのように腰に巻き付けるだけなのでとても簡単です。
主な巻き方は、最初にベルトを骨盤と肋骨の間に当てて腰に巻いていきます。
ちょっときついかな?と感じるくらいきつめに巻いた方が効果が高まります。

croquette_pさんの投稿
19120877 1353797114673311 9152916169265512448 n

ただし、呼吸がしづらくなるまでかなりきつくしめてしまうと逆に身体に悪影響となってしまうので、締め付けすぎないように調節するようにしてくださいね。
正しい巻き方については動画を参考にしてみてください。
動画では、使い方や巻き方の他に、トレーニングベルトについて詳しく説明されています。

トレーニングベルトの一般的な巻き方は上記でご紹介した巻き方になりますが、トレーニングベルトの種類によって巻き方、使い方が少し違う場合もあるので説明書を読んで正しい使い方や巻き方をしてください。

トレーニングベルトを使用する効果

mitsuru301さんの投稿
18812242 1224710954324593 247444743938637824 n

トレーニングベルトの使い方、巻き方についてご紹介しましたが、続いてはトレーニングベルトの効果についてご紹介したいと思います。
トレーニングベルトを使うことによって得られる効果とはどのようなものがあるのでしょうか?

腹圧を高める効果

トレーニングベルトの効果には、腹圧を高める効果があると言われています。
腹圧というのは、その名の通りお腹の中の圧力でのことで、息を吸うとお腹が膨らむのをトレーニングベルトで抑えることによって腹圧を高めることができるのです。

fujiwaratomonoriさんの投稿
18380833 206056103239478 755876684606996480 n

腹圧が高まると最大の筋力が向上するため、効果が期待できるのです。
効率よく筋トレをしたい場合は、トレーニングベルトを使って筋トレをしてみると効果の違いがわかってくると思います。

腰痛防止の効果

トレーニングベルトの効果には、もう一つ嬉しい効果があります。
それは腰痛防止になるということです。
トレーニングの中には、腰を曲げた状態で重量上げなどを行う腰に負担のかかるものがいくつかあります。
その腰の負担を軽減するためにトレーニングベルトを使用するのです。

ryota.fitさんの投稿
19931602 435449983504527 8566306688414515200 n

トレーニングベルトがあることによって腹圧が高まるので、身体の内部から腰への負担を軽減してくれるという効果があります。
筋トレをすると筋肉がつくのはもちろんのことですが、それだけ身体にも負担がかかります。
本格的なトレーニングを行う上では欠かせない存在でもあるのがトレーニングベルトなのです。

トレーニングベルトを使ってできる筋トレ

トレーニングベルトを使って行う筋トレは主に、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトなど腰に負担がかかるものがあります。
その他にも、ダンベルプレス、ランジなどの筋トレなどにトレーニングベルトを使用する方もいらっしゃいます。

sakaiathleteさんの投稿
17076579 339835663077848 3422513950460215296 n

トレーニングベルトを使って行う筋トレは必ずしも決まっているのではなく、あくまでも自己判断やトレーナーの判断で巻いて筋トレを行っているのです。

Thumb自宅で自重トレーニング!初心者が始めやすい筋トレメニューまとめ!

トレーニングベルトの種類

nami_nrさんの投稿
16123168 1476472802392840 3656025163360632832 n

トレーニングベルトは様々なメーカーから販売されていますが、種類も様々です。
どのような種類のトレーニングベルトがあるのかを購入する前に確認しておきましょう。

トレーニングベルトの形状

トレーニングベルトは、背中だけが幅広になったタイプと、ストレートタイプの形状があります。
背中だけが幅広のものだと、お腹周りがすっきりとしているので動きやすいという特徴があります。
また、背中をしっかりとサポートするので腰痛防止に特化しています。

uekinfitnessさんの投稿
15876296 1815311208735712 9022816851045908480 n

ストレートタイプは全面が同じ太さですが、太めのものが多いので、慣れるまでは使いづらいと感じるかもしれません。
でも、背中だけ幅広のタイプのものより腹圧が逃げにくいため、高重量を扱う筋トレ向きでもあります。

トレーニングベルトの素材

トレーニングベルトの素材は大きくわけてレザータイプのものとネオプレンタイプの2つの種類があります。
レザータイプのものはトレーニングベルトの中でも主流となっていて、頑丈で安定性が高いという特徴があります。
また、強度が高いため、高重量を扱いやすく長く愛用できると人気があります。

tomomi3.6さんの投稿
15875719 1152480648202620 1396554533789761536 n

でも、素材が硬いので慣れるまでは扱いづらく、身体に傷がついてしまうということもあるようです。
ネオプレンタイプのトレーニングベルトは主にナイロン素材でできているものを言います。
柔らかい素材なので動きやすく、身体にも馴染みやすいので初心者の方におすすめです。

hikaru_workoutさんの投稿
14566670 2075494852676257 5436670887195574272 n

また、マジックテープで着用するタイプのものが多いので、巻き方も簡単にできますし、サイズを調整しやすいという魅力もあります。
デメリットとしては、レザータイプに比べて強度が弱いため、腹圧を高めるには不十分となり高重量を扱う場合には不向きとなります。

ロック方式

トレーニングベルトのロック方式には主に3つに分かれています。
一般的なベルトと同じように穴にピンを入れてロックをするピンタイプのものがトレーニングベルトにもあります。
馴染みやすいロック方式ではありますが、開いている穴が決まっているので微調整がしづらいという難点があります。

mikos_fitnessさんの投稿
14099748 335807720094054 1554732241 n

もう一つのロック方式はレバーで固定するレバーアクションタイプです。
このレバータイプのものはとにかく着脱が楽にできるというのが魅力的です。
極限までの筋トレを行った後は息も切れてすぐにでも腰に巻いているトレーニングベルトを外したいと言う方もいらっしゃると思います。

_____tomeさんの投稿
16906942 271072299990570 2380365618126782464 n

そんな時にこのレバーアクションタイプのトレーニングベルトであれば、ワンタッチで取り外すことができるのでおすすめです。
ただ、他のトレーニングベルトと比べると少し重さもあるので、初心者の方や女性の方には不向きかもしれません。

fit_kkeirin_cpaさんの投稿
12446067 206835553019850 985400033 n

ロック方式の3つ目は、マジックテープタイプです。
留める場所が決まってないので、自由自在にサイズを調整することができますし、着脱が簡単に行えるのも魅力的です。
他のトレーニングベルトに比べると比較的に安く手に入るので初心者の方にもおすすめです。

mamu.chamさんの投稿
21372381 161952804358077 6498812438320775168 n

ただ、劣化も早くマジックテープの部分が弱くなってしまうとトレーニング中に剥がれてしまいストレスとなってしまうこともあるでしょう。

トレーニングベルトの選び方

トレーニングベルトは選び方も大切

oz_nekoさんの投稿
20838981 1208819202597157 1871617503440928768 n

トレーニングベルトの種類をご紹介しましたが、自分に合うトレーニングベルトの選び方についてご紹介します。
トレーニングベルトは上記でもご紹介したように、素材やロック方式など様々な種類があります。
その中から自分に合うように組み合わせたトレーニングベルトを探してみましょう。

形や幅などでトレーニングベルトを選ぶ

トレーニングベルトの選び方①

トレーニングベルトの選び方は、形や幅などを考えて選ぶようにしましょう。
全体的に幅広タイプのものは腹圧を高める効果もありますが、筋トレの種類によってはお腹を圧迫してうまく動けないということもあるでしょう。

kenst.1212さんの投稿
20838136 257669634744764 4014160337027727360 n

動きやすさを重視するのであれば、細めのトレーニングベルトを選び、高重量を扱う筋トレを行うのであれば幅広タイプのものを選んで腹圧を高めると良いでしょう。

mako_shiozawaさんの投稿
20766903 1710966822542798 2391122015827263488 n

ただ、すべての種目でトレーニングベルトを着用する必要はありません。
トレーニングジムなどではマシン台でトレーニングベルトの着用を禁止しているものもあるので、しっかりとルールを守って着用するようにしましょう。

トレーニングベルトを素材で選ぶ

トレーニングベルトの選び方②

トレーニングベルトの選び方のポイントとして、素材での選び方も挙げられます。
上記でもご紹介したようにレザータイプのトレーニングベルトが主流ではありますが、レザータイプの中でも硬さや太さの違いなどもあります。
自分がトレーニングをする強度に合わせてトレーニングベルトの素材を選ぶとしっかりと効果を高めることができます。

kuniakinakanoさんの投稿
20759806 116056539054052 6541209787076444160 n

また、トレーニングジムや外出先でトレーニングベルトを使用する場合は、レザータイプのものだと持ち運びが不便です。
さらにレバーアクションタイプのロック方式のものも重さがあるため、選び方として女性は軽めのネオプレンタイプの素材のものなどを選ぶことをおすすめします。

ロック方式でトレーニングベルトを選ぶ

トレーニングベルトの選び方③

上記でもご紹介したように、トレーニングベルトのロック方式は主に3種類あります。
しっかりとズレないように固定できるものを選ぶか、着脱がしやすい軽めのものを選ぶかなど自分が行う筋トレと照らし合わせながらよく考えてトレーニングベルトを選びましょう。

hayato_hiokiさんの投稿
20589462 377587255989515 2393889924681039872 n

それぞれ値段も大きく変わってくるので、初心者の方はまずは値段が比較的安めなネオプレンタイプの軽いものをおすすめします。
筋トレに慣れてきて、高重量を扱いたいという気持ちが芽生えてきたら、またその時の自分に合ったトレーニングベルトを選ぶようにしましょう。

トレーニングベルトを使う時の注意点

必ず説明書を読んでから使用する

トレーニングべルトの使い方、巻き方は初心者でも簡単にできるシンプルな方法ではありますが、必ず購入したトレーニングベルトの説明書をよく読んでから使用するようにしましょう。
使い方や巻き方、扱い方などの注意点が書かれていますので、しっかりと読んで正しい使い方をマスターすることが大切です。

elfi_fitnessさんの投稿
20686649 1636803476350798 1858381861638635520 n

間違った巻き方などをしてしまうと、逆に身体に負担がかかったり、呼吸がしづらくトレーニングをするたびに辛いという状況になってしまう可能性もあります。

おすすめのトレーニングベルトのご紹介!

yoshikawa_akiさんの投稿
19986179 108041433189593 1990824312151474176 n

続いては、市販されているおすすめのトレーニングベルトをご紹介します。
トレーニングベルトは非常に多くの種類があるので、選ぶ時に迷ってしまうということもあるでしょう。
そんな時にぜひトレーニングベルト選びの参考にしてみてくださいね。

ゴールドジムプロレザーベルト

おすすめのトレーニングベルト①

最初にご紹介するおすすめのトレーニングベルトは、トレーニングジムの中でも有名なゴールドジムが販売しているゴールドプロレザーベルトです。
背中だけ幅広タイプのものですが、2ピンタイプになっているのでかなり強度が高く耐久性にも優れています。

レザーベルトはトレーニング中にかいた汗などが付着しても簡単に拭き取ることができるので、清潔に保ち、長く愛用できるトレーニングベルトになっています。
お値段は約1万円と高価ではありますが、トレーニング上級者も納得の使いやすさと満足度のトレーニングベルトです。

【adidas】ナイロンウエイトリフティングベルト

おすすめのトレーニングベルト②

アディダスから販売されているこちらのナイロン製のトレーニングベルトは、ダイエット目的とした筋トレやフィットネスなどのトレーニングに最適なトレーニングベルトです。
ナイロン製の素材でマジックテープタイプなので着脱も簡単にできるのが魅力的。

もちろんウエイトを目的としたトレーニングに着用することも可能です。
強度は低めではありますが、これから筋トレを始めるという初心者の方に向いているトレーニングベルトです。
デザインもシンプルでおしゃれなので、アディダスファン必見です。

Thumbアディダスのスニーカー人気ランキング!定番やおすすめのアイテムは?

【Harbinger】女性用トレーニングベルト

おすすめのトレーニングベルト③

ハービンジャーからは女性におすすめの女性用トレーニングベルトというものがあります。
女性用とだけあって、女性の体にしっかりとフィットする柔らかい素材と、使い方や巻き方も簡単にできるトレーニングベルトです。
カラーも女性らしいピンクなので、楽しくおしゃれにトレーニングを行うことができますよ。

jpbt2016さんの投稿
20066061 1410789735674503 8562749016679383040 n

背中の部分が少し幅広になっているので、身体にぴったりとフィットしながらも、動きやすいデザインになっています。
値段は形やサイズによって変わりますが、だいたい3,000円~10,000円前後となっています。

普段の筋トレにトレーニングベルトを活用しよう!

筋トレなどの時に使用するトレーニングベルトについてご紹介しました。
普段家で筋トレを行っているという方や、これから本格的に筋トレをして身体を鍛えたいと言う方は、ぜひトレーニングベルトを活用してみてください。

kazuyo13さんの投稿
20225298 477339052613680 6031028188400844800 n

今まで腰に負担がかかってあまりやってこなかったトレーニングであっても、トレーニングベルトを着用することによって腰への負担が軽減されてうまくトレーニングができるようになるかもしれません。
体を鍛えているのに体を壊してしまっては元も子もありません。
安全にケガなどせず筋トレを行うため、トレーニングベルトの購入を検討してみてくださいね。

合わせて読みたい!おすすめの記事

Thumbトレーニングマットのおすすめ5選!知っておきたい選び方のポイントは?

Thumbインナーマッスルを鍛えて腹筋を割るには?効果的なトレーニング法まとめ

Thumbトレーニングアプリがおすすめ!成功させる無料の管理アプリ6選!

Thumbタバタ式トレーニングメニューって何?毎日たった4分で痩せるって本当?

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事