「自己責任で触ってください」と書かれた水槽。

そこの中にはサメが。
男性が水槽を触ってみると悲惨なことに…。

一体どうなってしまったのでしょうか。

 

 

サメの水槽に触れた男性

とある水槽に「自己責任で触ってください」との張り紙が。

なんとその水槽にはサメが数匹入っていたのです。

 

自己責任って一体どういうこと?!男性が水槽をさわってみると、思いもよらない恐ろしいことが起きてしまったのです。

その時の動画がこちら。

 

男性は恐る恐る水槽に触れてみるも、何も起こらない。

思い切って水槽を叩いてみると、次の瞬間サメが男性に向かって襲ってきました。

水槽にはひびが入り、男性は腰を抜かしてしまいます。

一体この危険な水槽はなんなのでしょう?!

サメの水槽の正体とは?!

実はこのサメの水槽はアメリカのワシントンD.Cにある私営の『国際スパイ博物館』という博物館の展示物。

この博物館、古代ギリシャから現代にいたるまで、世界各国のスパイ関係の所蔵品が展示されているのです。

 

引退された元FBIの方達が趣味と実益を兼ねて建てた物だそうで、集めまくったKGB(ソ連の諜報機関)とCIA(アメリカの諜報機関)のスパイグッズが多数あるそう。

 

コチラは展示品の女性のスパイが持っていた口紅型の4.5mm口径ピストル。

 

またイギリスの特殊部隊のパイプ・ピストル等も。

まるで映画のスパイ活動に使われたような物ばかりありますが、実際に使われていた道具とのことです!

さきほどの「サメの水槽」ですが、泳いでいるのは本物のサメではありません。

 

水槽に見立てた画面に映像が映し出される仕掛けで、サメはグラフィックで作られたものだそうです。

スパイとサメの関係はよくわかりませんが、割れ方と音の効果でビックリしてしまいますね。

驚きのあまり、腰を抜かしてしまった男性のリアクションに、たくさんのコメントが寄せられていました。

ネットからの声

・ナイスなイタズラですね!日本にもほしい。

・動画を見るだけでもビックリしたので、直接体験したら心臓が止まります。

・自分も同じように、吹っ飛ぶ自身があります!映像を見ただけで驚いた人が多かったようです。

・この博物館行ってみたい!

・スパイがこれを使ってどうしたんだろうか?!

・中二病は絶対この博物館行きたいだろう

・このグッツ欲しいな 見てるだけでわくわくする

 

なお、国際スパイ博物館は、アメリカ人にも大人気のようです。

時間制のチケットを入手しないと入館できないほどだそう。

興味のある方は是非いかれてみてはいかがでしょうか。