母乳ダイエットで痩せる?授乳中の消費カロリーや母乳育児で痩せない理由

母乳ダイエットで痩せる理由や母乳育児でダイエットを成功させる方法についてまとめました。
母乳育児で痩せることができない場合はその理由や効果的なマッサージを取り入れるのがおすすめ。
母乳育児で痩せるための成功ポイントや理由、マッサージをチェックしましょう!

目次

  1. 母乳育児で痩せる理由や成功する方法を知りたい!
  2. 産後に痩せるのが大変な理由は?
  3. 母乳育児で痩せるのに成功した理由は?
  4. 母乳育児をしているのに痩せることができない理由
  5. 骨盤マッサージは痩せるのに成功するのにおすすめ!
  6. 母乳育児でも痩せることができない場合は食事を見直す
  7. 痩せるためには3食きっちり食べることも大切
  8. 産後で痩せるためにおすすめの食材は?
  9. 産後に痩せるのを成功させるために気をつけておきたいこと
  10. 母乳育児では体調も整えながら痩せるようにしよう!

母乳育児で痩せる理由や成功する方法を知りたい!

産後は痩せるのが大変

出産後はなかなか体重を落とすのが大変になってしまいますよね。
妊娠前と出産後と比べるといつの間にかとても体重が増えていた!という事態になってしまう場合も。
健康的な生活を送るためには、なるべく元の体型に戻っていくことが大切になるますが育児中だと痩せるのも大変でそのまま放置してしまうということも多いのではないでしょうか。

産後でよく痩せると評判なのが母乳育児。
母乳育児をすることによって痩せることに成功できたというお母さんもたくさんいます。
それでは、どうして母乳育児だと痩せることに成功しやすいのでしょうか?母乳育児で痩せる理由や、母乳育児なのに痩せない理由もチェックしておくと産後のダイエットの役に立ちます。

母乳育児で痩せる方法やマッサージをチェックしよう

「母乳育児で痩せる理由を知りたい!」「母乳育児で痩せられない場合の対処法を知りたい」という場合にぴったりな母乳育児中のダイエット情報についてまとめました。
育児中のダイエットに大切なのは子供へ与える母乳にしっかりと栄養が出せるようにするということです。
健康的な体を手に入れるためにも母乳育児中に痩せるための方法をチェックしていきましょう。

Thumb母乳のカロリー消費で授乳中の摂取カロリーを計算!ダイエット効果も?

産後に痩せるのが大変な理由は?

骨盤が歪み、筋力が落ちている

産後に痩せるのが大変な理由としてまずあげられるのが骨盤がゆがんでいるということ。
出産をすると骨盤が緩み、出産後も骨盤が開いた状態のままになってしまいます。
その状態を放置することで骨盤周りの血流が悪くなり、代謝が落ちてしまうのが痩せない理由。
腰回りに脂肪がつきやすくなり、全体的に太って見えやすくなってしまいます。

また、出産前や出産後はあまり体を動かさずに安静にしている状態が続くので筋力が低下してしまいます。
筋肉は体の中でもエネルギーの消費率が大きい器官として知られているので、筋力が落ちることによって代謝が下がり、太りやすい状態になってしまうのが問題。
こうした原因を取り除いていくことが大切になります。

食べ過ぎている

s_zou_menさんの投稿
22860990 538905039776170 9180896313535889408 n

育児中は何かとストレスが溜まってたくさん食べてしまいがちですよね。
妊娠中は食べないとつわりが起きてしまうのが理由でたくさん食べるクセがついている場合もたくさん食べてしまいがち。
こうした食生活の悪循環が脂肪をたまりやすくしてしまっています。
ただでさえ太りやすい状態になっている産後に食事を摂りすぎるとどんどん太るので気をつけましょう。

母乳育児で痩せるのに成功した理由は?

母乳は栄養を体外に出しているのと同じ

ikunmama0528さんの投稿
23098899 923018714518791 708047138524758016 n

産後は痩せにくいと言われていますが、母乳育児をしている人はどんどん体重が落ちている、ということがよくあります。
母乳育児をしていると痩せやすい理由としてあげられるのが、母乳を出すということは自分の体内にある栄養を出しているのと同じなのだということ。
母乳を与えることによって大幅なエネルギーが消費され、痩せることにつながります。

母乳育児をしていると600kcalくらい消費しているのが痩せる理由

ts_________0310さんの投稿
23161585 1334078360051814 7307066953477128192 n

それでは、母乳育児をしているとどのくらいのカロリーを消費するのでしょうか?母乳育児をしている場合、だいたい1日で600kcalほどを消費すると言われています。
このカロリーは平泳ぎを1時間半したのと同じくらいのカロリー。
そういうことを考えると母乳育児で痩せるのも納得ですね。
子供のための母乳でエネルギーを消費している状態になっているのです。

Thumb母乳は栄養満点!7つの成分の重要な役割や栄養はいつまであるのかを調査!

母乳育児をしているのに痩せることができない理由

母乳のために食べ過ぎている

それでは、母乳育児をしているのに痩せることができない理由は何なのでしょうか?まずあげられるのが、「母乳のためにしっかり食べなくては!」という気持ちになって食べ過ぎているということです。
母乳のために栄養を蓄えなければならないからといって、食べ過ぎているとお母さんの体に負担がかかってしまうので気をつけましょう。

母乳のために栄養を蓄えるのはとても大切ですが、節度を守って食事を食べることが重要です。
母乳育児をしている場合、1日辺り2300kcalにプラス&マイナス300kcalになるようなカロリーにすると良いとされているので、これくらいを目安にしましょう。
このカロリーを大幅に上回っている場合は食べ過ぎになっています。

骨盤の歪みがそのままになっているのも原因に

骨盤の歪みがそのままになっていることも母乳育児なのに痩せない理由としてあげることができます。
骨盤の歪みは放置しておくとクセがついて、なかなか治らなくなってしまうので要注意。
骨盤が開きっぱなしだと代謝が落ちて、痩せにくい体になってしまいます。
産後も体のメンテナンスはしっかり行いながら理想体型を維持してくださいね。

骨盤マッサージは痩せるのに成功するのにおすすめ!

骨盤の歪みをなおせるマッサージが効果的

骨盤の歪みを直すために効果的とされているのが骨盤マッサージ。
整体院などで骨盤マッサージを受けることによって効率的に骨盤の歪みを治せるようになります。
骨盤が開いた状態がクセになってしまった、なかなか骨盤の歪みが治せないという場合はプロの骨盤マッサージを受けてみてはいかがですか。

マッサージ以外にスクワットやヨガ、ティラピスなどもおすすめ

マッサージ以外に自宅で気軽にできる方法としておすすめなのがヨガやピラティス。
ヨガやピラティスは骨盤の歪みを治せるだけでなく、気持ちをリラックスさせる効果もあると言われているので育児中でイライラが溜まりがちな場合にもおすすめです。
また、腰回りの筋力をつけられるスクワットを毎日行って骨盤を支えられるようにすることも大切なポイント。

母乳育児でも痩せることができない場合は食事を見直す

良質な母乳が出るように和食を中心にする

erika_pyysさんの投稿
22860360 1827388407334922 5802158744225710080 n

母乳育児でなかなか痩せられない場合は食事を和食中心にしてみましょう。
洋食は知らないうちに脂質や糖質の摂りすぎになってしまい、結果的に太る原因になります。
一方で和食は脂質が少なく、栄養バランスも整えやすいので母乳育児中の食事にぴったり。
しっかりと母乳のための栄養をとりながらカロリーをおさえて満足感のある食事を楽しめます。

お米を食べるのが痩せるためにおすすめ

主食はパンではなくご飯を食べるのがおすすめです。
パンは知らない間に脂質をたくさんとってしまうのに加えて腹持ちがしないのでおすすめできません。
ご飯は腹持ちがよく、母乳の栄養となる炭水化物をしっかり摂取することができるので母乳育児中にぴったりです。
1食あたり軽く1膳のご飯を食べるようにしましょう。
玄米よりも白米の方が消化に良いのでおすすめです。

痩せるためには3食きっちり食べることも大切

3食の量を決めて食べることでどか食いを減らす

hotpecolateさんの投稿
22344033 165124260736298 8290446694248611840 n

痩せられないからといって食事を抜くのはNG。
母乳のために必要な栄養を摂ることができなくなってしまいます。
また、食事を抜くことで結局はどか食いの原因にもなってしまうのが要注意。
3食のカロリー量を決めて、きっちり食べることによって規則正しい食生活を身につけることができます。

低カロリーな間食を活用

3食を食べていてもお腹が空いてしまう時は、低カロリーな間食を活用しましょう。
栄養豊富なナッツは噛みごたえがあるので少量でも満足できるのが嬉しいポイント。
しっかりとよく噛んで満腹中枢を刺激できるようにするとたくさん食べなくても空腹を紛らわせられます。

産後で痩せるためにおすすめの食材は?

根菜類

katsumi.789さんの投稿
23099173 1997437403870841 2572236616286339072 n

母乳育児中におすすめの食材が根菜。
根菜には体を温める作用があり、血行が良くなるのでぴったりです。
また、野菜をしっかりとることによって飲みやすい母乳になるのも魅力的なポイント。

脂肪分の少ないタンパク質

yu_dietgramさんの投稿
22857507 140075153285149 217535957488893952 n

脂肪分の少ないタンパク質を摂取することも大切。
タンパク質や脂質は母乳に欠かすことのできない栄養なので、バランス良く摂取したいですね。
また、タンパク質は筋力をつけるためにも大切なので産後で筋力が落ちているお母さんにもぴったりの食材です。

Thumb母乳にいい食べ物や食事方法は?授乳中に影響がある避けたい食品とは

産後に痩せるのを成功させるために気をつけておきたいこと

無理なダイエットはNG

早く妊娠前の体型に戻りたいと思って無理なダイエットをするのはNG。
子供に必要な栄養を母乳に与えることができず、育児の妨げになってしまいます。
また、育児中は何かとストレスがたまる時期なのでダイエットをすることでさらにストレスを与えてしまうのも精神衛生上よくありません。
ストレスがたまると最終的にどか食いの原因になってしまうので注意しましょう。

体の調子を整える期間と捉える

loveyoga.kotomiさんの投稿
23098698 375735599515167 680557556828995584 n

産後は自分の体の調子を整える期間として捉えましょう。
急激に痩せることを目指すのではなく、長期的に痩せやすい体を作ることが大切になります。
骨盤の歪みを直すように運動をしたり、食事の栄養バランスを見直すなど基本的なことを続けていけば自然と体重は落ちていくようになるので、無理なダイエットはせずに産後の体調を整えてくださいね。

Thumbレコーディングダイエットで減量!効果的な正しい記録の方法とは?

母乳育児では体調も整えながら痩せるようにしよう!

母乳育児中は、子供にしっかりと栄養を与えられるようにお母さんも栄養バランスが整った食事をとることが大切になります。
母乳育児をしているのに痩せないからといって無理なダイエットをするのはNG。
食事の方法を見直したり、隙間時間を見つけて簡単なヨガやピラティスをするなどして長期的に体型を整えるようにしていきましょう。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事