アメリカの大手ハンバーガーチェーン店、バーガーキングのいじめ防止CMが世界中で話題になっています。

誰しもが考えさせられるCMの全容がコチラ!

バーガーキングのいじめ防止CMが話題

 

今世界中で話題になっているのが、大手ハンバーガーチェーン店を全世界に展開しているバーガーキングのとあるCM。

そのCMというのが「いじめ防止」を訴えるCM。

もちろんバーガーキングはハンバーガーチェーン店なので、自社ハンバーガーの宣伝も兼ねているものにはなりますが、内容が非常に考えさせるもので、世界中で話題を呼んでいます。

 

CMの内容は、バーガーキングが行なったとある実験内容と結果をまとめたものになっており、その実験結果が衝撃の内容になっています。

 

実際にいじめ現場を見た大人がどんな反応をするか?

今回CMになっているバーガーキングが行なった実験というのが、「もしバーガーキング店内でいじめの現場を見かけたら、大人たちは一体どんな反応をするか?」というもの。

いじめ役・いじめられ役は当然エキストラの演者になりますが、それ以外は何も事情を知らない本物のお客になります。

さらにこの実験の面白いところが、反応を見る対象となるリアルなお客に対して「わざとぐちゃぐちゃにつぶして提供する」というところ。

いじめが起きているのを目撃したお客たちは、「いじめ」に対して反応するのか、それとも「ぐちゃぐちゃにされた自分のバーガー」に対して反応するのか、どちらなのでしょうか。

 

全世界で話題のバーガーキングの「いじめ防止CM」

それでは、実際の実験結果は一体どうなったのか、そのCMをご覧ください!

日本語字幕つき版

オリジナル版

 

いかがでしたでしょうか?

こちらの事実を受けて人によって様々な意見があると思いますが、非常に考えさせられる内容ですよね。

今回の実験が行なわれたのはアメリカですが、全く同じ実験を日本でやったら数字もさらに変わってくるのではないでしょうか。

個人的には、悲しいですがいじめに立ち向かう人の割合がさらに低くなるのではないかと思います。

 

バーガーキングのCMを見た人達の反応

・日本では中々ないですよね。
自分は立ち向かってしまったので余計にひどくなりましたけど

・人のいじめを見ても止める人は少ない。
多くの人は自分に害がない限り声をあげることはない。
その証拠にハンバーガーがつぶれていたら多くの人が文句を言いに行く。
なぜか、勝てるという賞賛があるから。
自分は賞賛もないのに注意をした少数の勇気ある人に拍手を送りたい。
そして自分もそうでありたい。

・こういったいじめなどの社会問題をテーマにして自社商品の宣伝をするアイディアが日本にはないアイディア。
これはいい宣伝効果でもあるし、考えさせられる内容ですばらしい。