ホームボタンがないiPhone Xアプリの切り替え方はこう! 2つのアプリ間を移動する操作がぬるぬる

これも、あと数日で体験できます。

iPhone Xでは物理ホームボタンがなくなったことで、さまざまな新しい操作方法が取り入れられています。
たとえば、バックグラウンドで開いているアプリの切り替え
画面下からニュッと指を滑らせてアプリを切り替えるのですが、その実際の動作具合が動画で公開されています。

TwitterアカウントのWebastiaan the Sithが公開した動画では、iPhone Xでどのようにしてアプリ間を移動するのかが一目瞭然。
これまでマルチタスキング画面の起動方法(画面を上にスワイプして止める)は説明されていましたが、2つのアプリ間を移動する方法は説明させていませんでした。
このジェスチャー操作なら、物理ホームボタンをダブルクリックしてアプリを選んで…という動作よりずっとはやそうです。

さらに、近日配信予定の「iOS 11.1」では3D Touchを利用したアプリ切り替えが復活する予定。
画面下からのスワイプジェスチャーでも、画面端を押し込んでのアプリ切り替えでも、お好みの操作でアプリが切り替えられます。

iPhone Xではその他にもさまざまなジェスチャーが用意されており、例えばホーム画面に戻るには画面下から上にスワイプ、Siriの呼び出しはサイドボタンを長押し、スクリーンショットはサイドボタン+ボリュームアップボタンに置き換えられています。
物理ホームボタンがなくてもスクリーンショットは撮影できるので、ご安心を!

新しいインターフェイスは時としてユーザーを混乱させることもありますが、今回のアプリ切り替えジェスチャーは非常に実践的なので、早く覚えて使ってみたいですね。

Image: Twitter
Source: Twitter

(塚本直樹)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事