『ブレードランナー』のデッカードブラスターは水鉄砲になってもカッコいいぞ!

おもちゃでも充分ですよ。

ついに公開された、映画『ブレードランナー 2049』!

注目度ゆえいろいろな情報が出ていますが、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督いわく「可能な限り内容を知らずに見て欲しい」とのことですから、ノーリサーチで見に行くのが一番楽しめる状態かもしれませんね。

ところで、1982年版『ブレードランナー』の主人公であるリック・デッカードが使っている銃についてはご存知でしょうか? この銃は「デッカードブラスター」、「ブレードランナーブラスター」とも呼ばれ、古くからレプリカが販売され続ける同作のシンボルガジェットでもあるんです。

日本においても個人、小規模メーカーによってレプリカが作られており、デッカードブラスター研究の第一人者として知られる高木亮介さんが設計した高木型ブラスターは、2017年に水鉄砲にもなったほど。
2014年にElfin Knights Projectから発売されたモデルガンを原型にしており、1/1スケールのデッカードブラスターとしてはかなり手に入りやすい部類でもあります。

Image: Amazon.co.jp
Image: Amazon.co.jp
Image: Amazon.co.jp

玄人モデラー勢はこれを塗装したり換装したりして楽しんでいるようですが、スケルトンなファンアイテムとして飾っておくのも一興。
映画公開の記念に、おひとついかがでしょう?

もともと参考価格は1,269円とのことですが、Amazonでは映画公開に合わせてプレミアムがついてしまっているようです。
執筆現在4,000円を超えているショップもありますので詳細ページでよくご確認ください。

>>「Amazon Fullcock 高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 通常版 クリアブラック カラー ポリスチレン製 ウォーターガン」の詳細ページへ

Image: Amazon.co.jp
Souce: Amazon.co.jp

(ヤマダユウス型)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事