マジックマッシュルームとうつ病の関係

やっぱりただのキノコじゃない!

マジックマッシュルームって摩訶不思議なドラッグです。
違法でありながら、医療で重要な役目をするものでもありますからね。
そんなマジックマッシュルームですが、医療用としての使用に関してどんどん可能性が広がっているそうです。
イギリスと南アフリカの研究チームが発表した研究は、通常の治療でうつ病に効果がなかった患者がマジックマッシュルームに含まれる成分「シロシビン」を使用するというもの。
このときの脳の動きをモニター観察してみると、うつの症状が減っただけでなく、身体にも目に見える影響があったとのことです。

研究チームは、身体の影響としては血流の変化と脳の活動の変化を発見。
「うつ気分の減退と相関するとされる血流の減少が見られました」とScientific Reportsで発表しています。
2週間以上に渡りシロシビン2種類の薬の服用をしているうつ病を患っている15名の男性患者と4名の女性患者(中断などによって最終的には男性11人、女性1人)に対し、その後5週間の観察をしました。
すると最初の1週間ですべての患者のうつの症状が減少し、半分の患者が5週間後にはうつが改善されていることがわかりました。

171018mushroom2
Image: nature

そして各患者が脳のスキャンを受けたところ、脳血流の減少と扁桃体などの部分で脳の活動が抑えられていたことが確認されました。
感情の中でも恐れや不安などを司る部分がこの扁桃体なのです。

マジックマッシュルームのいい効果がみえた今回の研究では同時に、実験結果はまだ小規模なものであるため、自分で試すのはやめてほしいとも警告しています。
しかしながら「根強いうつの症状を持った患者に対してシロシビンが効果的に作用するという可能性を見ることができた結果でした」と締めくくられています。

この研究チームは以前にも今回使用されたシロシビンやMDMAなどのドラッグでの作用でうつ病緩和を実験しています。
違法でダメなものだとされてきたマッシュルームやMDMAなどのドラッグが、ある部分では効能のある薬として活躍する未来が来るかもしれないですね。

Image: Flickr, nature
Source: Scientific Reports via New Scientist

Ryan F. Mandelbaum – Gizmodo US[原文]
(岩田リョウコ)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事