ただのボケじゃないにじむボケにこだわったオリンパス渾身のレンズ2本

にじむボケ。

オリンパスは、F1.2大口径単焦点レンズシリーズのレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO」を2017年11月24日より発売します。
それぞれ35mm換算では34mm90mmとなります。

すでに発売されている「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」と合わせて、三兄弟となります。

両レンズとも、ボケにこだわっています。
単に大きなボケが楽しめるというわけではなく、美しくにじむボケを追求。
新開発のED-DSAレンズを搭載し、高解像度と美しいボケを両立しました。

171027OlympusF12-02
Image: オリンパス

両レンズともデザインがそっくり。
判断するのはレンズに記された焦点距離ですかね。
こちらは「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」。
「17」の文字が見えます。

35mm換算34mmですので、風景はもちろん、スナップにも使いやすい画角。
最短撮影距離は20cm、最大撮影倍率0.15倍(35mm換算0.3倍)ということで、背景を活かしたクローズアップ撮影もいけます。

171027OlympusF12-03
Image: オリンパス

こちらは「M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO」。
35mm換算90mmということで、ポートレードなどに活躍しそう。
最短撮影距離は50cm、最大撮影倍率は0.1倍(35mm換算0.2倍)となっております。

両機種ともにマニュアルフォーカスクラッチ機構を搭載。
AF時にフォーカスリングを手前に引くとMFに切り替わります。
これ、結構使いやすいですよ。

この三兄弟、オリンパスの単焦点大三元レンズと言ってもいいでしょう。
うーん、レンズの描写性能に定評のあるオリンパスですから、いい絵になるんでしょうね。
いいなー。

オリンパスオンラインショップでのお値段は、両機種ともに14万2560円となっております。
今なら予約受付中ですよ!

Image: オリンパス
Source: オリンパス (1, 2)

(三浦一紀)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事