今ネットで500円玉を大量に拾った男子高校生の話が話題になっております。

その男子高校生、思わず落ちていたお金を拾ってしまいましたがとんでもないことに。

思わずゾッっとしてしまうその結末がこちら。

 

 

 

 

500円玉を拾って酷い目に遭った高校生の話

あなたは道端にお金が落ちていていたら拾いますか?

もちろん拾う!という方は注意したほうがいいかもしれません。

今回はそんなお金を拾って酷い目に遭った男性の体験談をご紹介したいと思います。

 

 

道路のところどころに500円玉が

500

 

道端を歩いていた男子高校生。

ふと気が付くと500円玉が数枚目の前に落ちていたのです。

少し先を見るとまた500円玉が数枚。

 

自宅近くの交差点から川沿いの道を通り、公園に行き着くまで直線にして大体2kmぐらいの範囲の道に500円玉がところどころ散らばっていたのです。

貧乏学生だった彼にとって臨時収入といえるこの500円玉の山。

 

普通はお金が落ちていたなら警察に連絡しますが、この高校生は、

「神様からのプレゼントだ!ラッキー!」と思い、夢中で500円玉をかき集めました。

 

 

500円玉を拾ってから続く異変

拾った500円玉の山で高校生はゲームを買ったり、お菓子を買ったり、友達と遊んだり。

なんだかんだでそのお金を全部使いきってしまいました。

拾った500円玉を使い切った次の日のことです。

 

朝目覚めると、異常にだるい…。

 

全身の関節が痛み、喉が痛くて呼吸するのも億劫。

 

身体が動かない。

 

しばらくすると、登校時間になってもおきてこない息子を叩き起こそうと鬼の形相をした母親が、部屋の扉を乱暴に開けました。

 

「いつまで寝てるの!!早く学校行きなさい!!!」

 

母親はそう怒鳴りましたが、彼の様子を見るとハッと驚いた顔をしてベッドに近づいてきました。

 

「なに、あんた。
熱でもあるの?」

 

「…………(うん)」

 

「早く言いなさいよ!悪くなったらどうするの!?」

 

「…………(大声出さないで、頭痛いの)」

 

「まったく、ちょっと待ってなさい。
薬もってくるから」

 

「…………(ありがとう)」

 

その高校生はそれから三日間は苦痛でしかありませんでした。

40.0℃近い高熱が続き、水でさえも口に入れたらすぐに戻してしまう。

病院に行っても原因は不明。
でも水すら飲めないからどうしようもなくて、結局入院。

そしたらなぜか1日で治りました。

 

医者も首をかしげていたのですが、翌日には退院の運びとなりました。

迎えに来てくれたの母親が「お昼ごはん何を食べたい?」ときいてくれて。

それに対して「別に何でも良いよ」と車の中で会話していると、

 

対向車線からトラックが突っ込んできたのです。

 

母親は肋骨3本骨折。
高校生は右腕を解放骨折、右膝の前十字靱帯断裂と半月版損傷、右脛骨粉砕骨折で病院に逆戻り。

 

一体、彼の身に何が起こっているのでしょうか。

 

 

災難に見舞われる原因とは何だったのか

 

しかし、高校生への災難はこれで終わらなかったのです。

彼が入院中、母親に癌が見つかり、元気だった祖父が急に倒れました。

また、家が火事になったり、彼女に振られたり。
つくづく不幸に見舞われたのです。

 

あまりにも不幸が続くこの高校生。

家族も不思議に思い、昔から懇意にさせてもらっているお寺の住職さんにお祓いをしてもらうことになったのです。

 

 

住職さんは彼には別に何を言うでもなく、淡々とお祓いを終わらせた。

ただ、帰り際に住職さんはぼそっとつぶやくようにこう尋ねました。

 

 

「一体、何を拾ったの?」

 

 

「えっ!?」

 

驚いて振り返ると、お坊さんは優しい笑顔を崩さないまま彼に今起きているであろうことを説明してくれました。

 

「落し物を簡単に拾ってはいけないよ。
から憑き物(厄)を落とすにはわざと何かを落とすんだ。

それはお金だったり宝石だったり様々だがね。
それらと一緒に憑き物(厄)を落とし、拾った者を身代わりにする

まぁ、変なのは憑いてないみたいだけど、厄を背負ってるみたいだからあと一年は注意しておきなさい」

 

住職さんはそういって寺の奥に引っ込んでいきました。

彼は正直それまでは迷信とかそういう類は信じていませんでしたが、これを聞いてゾッとしてしまったそうです。

 

 

世の中には何かをする際に、周りにいた人に高額なお金を渡し『役を押し付ける』みたいな風習がある人もいるそうです。

お金が落ちているからと言って、安易に拾ってはいけませんね…。