Kinect生産終了のお知らせ…でもその魂はiPhone Xの中で生き続ける

あの切り欠きに、Kinectが入ってるということで。

Microsoft(マイクロソフト)が、Kinectの生産を終了していたことが発覚しました。
Kinectは2010年のXboxのアクセサリとして発表され、その後にあふれることになる3Dトラッキングやバーチャルアシスタントといった技術の先駆けとなりました。
そして開発終了したといっても、Kinectの深度トラッキングへのアプローチはいくつもの製品にすでに埋め込まれています。
そのひとつが、iPhone Xなんです。

Kinectの生産終了を最初に伝えたのはFast Companyです。
かつて米Gizmodoで初代Kinectのハンズオン記事を書いていたMark Wilson記者が、Kinectのクリエイター、アレックス・キップマン氏とXboxのゼネラル・マネジャー、マシュー・ラプセン氏に対して行なったインタビューで、その切ないニュースを明らかにしました。

ただMicrosoftがKinectの生産を終了したといっても、Kinectの大元の技術はまったく別の会社が作ったものでした。
Kinect、幼名Project Natalの元となったPrimeSensorの仕組みを開発したのはイスラエルのスタートアップ企業・PrimaSenseで、2013年にAppleが買収していたんです。
その投資がiPhone XのFace IDにつながっていったんですね。

Kinectは赤外線ビームを何千本も放ち、そのビームを遮ぎる物体を何でも検知するシステム。
iPhone Xのディスプレイに入った切り欠き、そこにはKinectのようなアルゴリズムで動く赤外線カメラが埋まっていて、Face IDはそれを使ってユーザーの顔を認識します。

MicrosoftがKinectを発表した2010年、米Gizmodoはそれを「ゲーミングの未来」と呼び、もしかしたら「そこら中にあるコンピュータ」すべての未来かも、とも言っていました。

2013年、MicrosoftはKinectのアップデート版をXbox Oneとともに発表。
これによってユーザーは、音声認識機能を使ってシステムのほとんどを操作し、インターネットをブラウジングし、設定をカスタマイズし、アプリを切り替え、Skypeの通話ができるように。
米Gizmodoの最初のレビューでは、音声認識機能がうまくいっているときは「恐ろしく素晴らしい」と評しました。
また、新たなカメラとセンサーによって、Kinectは目の前にいるユーザーが誰なのかを認識できました。
今でこそその手の技術は普通になっていますが、当時は画期的で、レビューにはこうあります。

でも、Microsoftがこれまで7年で3500万台も販売したとはいえ、Kinectはゲームの世界を支配できませんでした
それは製品として完ぺきではなかったのです。
レビューにも書かれているように、ラグもあり、複数ユーザーがいるときには機能しませんでした。
でも真の課題は、そのコンセプトが本格的にゲーマーを取り込むことができなかったこと。
ゲームを体の動きで操作する新たなインターフェースは、キーボードとコントローラーを超えられなかったのです。
ちなみに2014年には、Kinectなしの安価なXbox Oneが発売されています。

とはいえ、その後Kinectは単体でも販売されるようになりました。
そしてそうでなくても、Kinectはゲーマーではなくデジタルアーティストやハードウェアハッカー、超常現象研究家、そして数多くのDIY好きな人々の間で人気を博してきました。

そしてMicrosoftも、Kinectを完全にあきらめたわけじゃないと言っています。
「Xbox One向けにKinectを作ることは終了しましたが、それはこの技術の旅の終わりではありません」Microsoftのスポークスパーソンは米Gizmodoに伝えています。
「Kinectは引き続き数千万人のXboxユーザーの喜びであり続け、KinectのイノベーションはXbox OneやWindows 10、Cortana、Windows Holographic、そして未来の技術の中に生き続けているのです。

つまり、Kinectはたしかに死んだかもしれないけれど、それはある意味、不滅ってことです。

それにMicrosoftの人はもちろん言いませんが、Kinectの精神はiPhone Xにも引き継がれているんです。
っていうと、手にするのがますます楽しみになりますね。

Image: Source: Fast Company, TechCrunch

Jennings Brown – Gizmodo US[原文]
(福田ミホ)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事