簡単ワンタッチタープおすすめ15選!キャンプで使える選び方やコツは?

キャンパー以外の人でも一つは持っておきたいタープ。
様々な種類のタープの中で初心者におすすめしたいのが簡単設置のタープです。
アウトドアに慣れていない人でも簡単に設置できるタープをご紹介します。
アウトドアシーンで活躍してくれる格好いいタープを見つけましょう!

目次

  1. 簡単タープが大活躍!
  2. 簡単タープとテントの違いは?
  3. 簡単タープ、何人と使用する?
  4. ①簡単設置ヘキサタープ!
  5. ②簡単設営コールマンヘキサタープ!
  6. ③簡単設置スクエアタープ!
  7. ④キャプテンスタッグワンタッチタープ!
  8. ⑤快適リビングスクリーンタープ
  9. ⑥テントと連結も!ロゴスのスクリーンタープ!
  10. ⑦おしゃれ!簡単ヘイムプラネットのタープ!
  11. ⑧ヘイムスタイル迷彩柄タープ!
  12. ⑨簡単設置ワンタッチタープ!モンロコラボコールマン
  13. ⑩ドッペルギャンガーのタープがおしゃれ!
  14. ⑪簡単おしゃれ!ドッペルギャンガータープ!
  15. ⑫みんなの憧れ!簡単設置スノーピークタープ!
  16. ⑬おしゃれ!ロゴスのワンタッチタープ!
  17. ⑭簡単ワンタッチスクエアタープ!
  18. ⑮万能!簡単ワンタッチタープならスクリーンタープ!
  19. 簡単ワンタッチタープの設置は固定が大切!
  20. 簡単設置ワンタッチタープまとめ!

簡単タープが大活躍!

u.kei919さんの投稿
22352149 122609758437770 7645239338195746816 n

アウトドアブームのあおりで暮らしの中でもテントやテーブルなどのキャンプ道具を取り入れている人が増えています。
今回は暮らしの中でもキャンプやアウトドアで活躍してくれるタープをご紹介します。
最近は、キャンプやアウトドア初心者にもワンタッチで簡単設営できるタープも人気です。
テントとタープをおそろいにしておしゃれにキャンプを楽しんでいる人も多いようです!

akkhstyleさんの投稿
22352554 138373386801689 6135575681024655360 n

簡単設置ができるタープは公園などの休日使いで重宝するものも多いです。
ここではまずタープとテントの違いや初心者でも簡単に設置できる人気のタープをご紹介したいと思います。
まずテントやタープの違いですが、テントには暮らしの中で言えば寝室なので、眠る場所として床がついています。
タープは暮らしの中で例えるとリビングの部分で床に当たる生地が付いていないのがテントとタープの違いです。

簡単タープとテントの違いは?

hi_02.kさんの投稿
22344878 313020609175373 784077229419134976 n

タープにはいくつかの種類がありますが、一般的なタープは暮らしの中で例えればテントが寝室でタープがリビングとなる位置づけです。
寝室も大切ですが、やはりキャンプの醍醐味は自然を感じながら家族や友人恋人とくつろぎの時間を楽しむ事ではないでしょうか。
そんな暮らしの中でも大切なくつろぎの時間をより心地よいものにするために大切なのがタープです。

moto67.busさんの投稿
22352363 1910423605875057 6751487735166402560 n

一般的な支柱を立ててシートを張るタイプや4本の支柱を立ててテントのような形状のタープもあります。
そんなキャンプの日差しや突然の雨風を防ぐためにはとっても大切なタープですが、どのようにタ-プを選べんば良いのかなど、タープの選び方のチェックポイントを踏まえて簡単タープ等をご紹介していきます。

簡単タープ、何人と使用する?

route.106さんの投稿
22710754 306345253180669 3401913822724751360 n

簡単に設営できるタープを選ぶための最初の基準は大きさです。
あなたは何人でタープを使用する予定でしょうか。
快適な暮らしをするには人数にあった家が必要なように、タープも使用する人数によって快適な時間を過ごせるかどうかが変わってきます。
暮らしの中でリビング的な存在のタープには適正な人数があるのです。
また、タープのタイプによっても使用人数が限られてくるためまずは、人数の目安をみていきます。

rewild_campingさんの投稿
22280666 135483620510898 7409884532058357760 n

タープの使用人数の目安として、まず大人3~4人でタープを使用する場合は、200㎜✕200mmの広さのタープがおすすめの使用基準です。
また、大人4~5人の場合は250㎜✕250㎜の広さがあるタープがそすすめです。
そしてそれよりも多い大人5~6人で使用する場合は300㎜✕300mmの広さのタープを基準にタープを選ぶ事をおすすすめします。
そうすればタープ野中で快適な時間を過ごす事が出来ます。
使用人数の目安を参考にタープ選びを始めましょう。

①簡単設置ヘキサタープ!

horitaseijiさんの投稿
21373705 143368906263328 1412885292234309632 n

簡単設置でおすすめなのがヘキサタープと呼ばれる主柱を2本立ててシートを張るタイプのタープです。
タープのシート部分がヘキサ型になっているのが特徴です。
このヘキサタープは2~3人用のサイズが多いようです。
設営は、2人いれば簡単に設営する事ができ、両方の支柱を立てて、紐でシートを張って固定して設営します。
ヘキサ型のタープは他のタープより収納時もコンパクトで季節を気にせず様々な場所で重宝できるのが特徴です。

②簡単設営コールマンヘキサタープ!

kodai_0803さんの投稿
22581018 139168773390662 1266059709211738112 n

簡単設置できるヘキサ型タープは、2人いれば簡単に設営できる。
というところがネックであったりします。
支柱に取り付けたシートを両サイドから引っ張って張るタープなのでひとりでの設置するのは簡単ではありません。
また、支柱でたてたシートは紐で張って固定する必要があります。
簡単設置といえど、紐で張って設置するのには慣れが必要です。
風にあおられてタープが転倒したりしないようにきちんと設営したいですね。

③簡単設置スクエアタープ!

jurassic_camperさんの投稿
17332757 1032718813496721 1379822973292118016 n

支柱が 4本あるタープも簡単設置が出来るのでおすすめです。
このタイプのタープはよく学校の運動会などで見かけるタイプです。
4本の支柱で設置するので頑丈で風邪にもヘキサターぷよりもあおられる心配が少ないのもメリットです。
しかし、ヘキサタープよりも値段が高価がな物が多いです。

④キャプテンスタッグワンタッチタープ!

1021megumiさんの投稿
22344089 2027108857567879 6662857090693857280 n

ヘキサタープと比較すると設置したときの高さがあるので、ヘキサタープよろいも通気性がよく、また開放感があるのもこのタイプです。
ヘキサタープよりも大人数で使用するの琴が出来るのでファミリーでも窮屈さを感じずに快適に使用することができます。

⑤快適リビングスクリーンタープ

yumegokoti1さんの投稿
20634797 1007207689381988 7834348320196657152 n

雨風などの不利な状況でも快適な時間を過ごす事が出来るタープもあります。
それは、サイドにシートが付いていたりメッシュのシートが付いているようなタープです。
見た目はほぼテントと変わらない、居住性の高いタープになります。
暑い夏のキャンプでもメッシュのシートが付いていれば快適にくつろぐ事ができますね。

⑥テントと連結も!ロゴスのスクリーンタープ!

ojyaru612さんの投稿
20635124 469232023431282 7884355182769733632 n

この様なタープをスクリーンタープといいます。
4本の足で支えるスクエアタープのサイドに上げおろしの可能なシートが付いているので快適にアウトドアを楽しむ事ができます。
アウトドアブランドからも様々なタイプのスクリーンタープが出ているので値段や大きさを比較して選ぶとよいでしょう。

⑦おしゃれ!簡単ヘイムプラネットのタープ!

akatonbo516さんの投稿
22636828 518343958533216 7843121967719776256 n

ドイツで誕生したヘイプラネットのタープがおしゃれと話題です。
2本の支柱で支える簡単ワンタッチタープです。
このヘイムプラネットというブランドはエアフレームで立ち上げる事が出来るテントも話題です。
タープは21,600万程で購入できます。

⑧ヘイムスタイル迷彩柄タープ!

akatonbo516さんの投稿
22220817 126393238082447 7676466108374712320 n

カモフラージュ柄のヘイムプラネットのワンタッチタープは2,5000円ほどです。
あまり見かけないおしゃれなデザインは、周りのキャンパーびキャンプギアと被りたくない人にはおすすめです。
設置も簡単なので、一味違ったおしゃれキャンプにおすすめです!

⑨簡単設置ワンタッチタープ!モンロコラボコールマン

yokozi9さんの投稿
22639422 486695008369903 6061887541307506688 n

コールマンとモンロのコラボレーベルをご存知ですか。
今まで見たことのないデニム柄のおしゃれな柄や洗練されたデザインがポイントです。
このレーベルからもおしゃれなタープが販売されています。
設営サイズは460X435X230と十分な大きさですが、収納時のサイズは、18X74cmとコンパクトに収納できます。
また、全重量は7.6Kgととっても軽量です。
女性でも気軽に運べるのは嬉しいですね!

⑩ドッペルギャンガーのタープがおしゃれ!

szktcampさんの投稿
21985258 1944756272515447 2978314104696995840 n

4本足のワンタッチタープも設営が簡単でおすすめです。
こちらのコールマンのワンタッチタープの使用時サイズは、220×220×227hcmです。
収納時は、直径20×115cmとコンパクトなので持ち運びも便利です。
重量は約8.4kgとヘキサ型のワンタッチタープと比較すると若干重たいですが、安定感があります。

⑪簡単おしゃれ!ドッペルギャンガータープ!

doppelganger_outdoorさんの投稿
22708948 149631172321808 2791027966946050048 n

大阪の企業がアウトドアを気軽に楽しんで欲しいと立ち上げたアウトドアブランド、ドッペルギャンガーのタープのご紹介です。
ドッペルギャンガーのタープ&シェルターは設営サイズが約W4200×D4200×H2000mmです。
重量は3,4キログラムと超軽量です!ドッペルギャンガーのキャンプギアは何よりも手に取りやすい価格設定が魅力です。
しかもこのおしゃれなデザインで、こちらのワンタッチタープも7.350円ほどで手に入ります!

jey.s2015さんの投稿
20836968 339053816529927 3014384068977491968 n

ヘキサ型のタープ以外でもドッペルギャンガーのワンタッチタープはカラフルでおしゃれ!周りのキャンパーと差をつけるならドッペルギャンガーのタープがおすすめです!設営サイズは3m×3mの大型で、付属パネルを設置すれば四方にタープを羽根のように伸ばす事が出来るのです。
設営サイズはW3030×D3030×H1800/2450/2550/2650mmで、収納時はW200×D200×H1200mmとコンパクト。
ヘキサタープと比較すると14.50kgと少し重くなりますが、このサイズで1万5000円は手に取りやすいか価格ですね!

⑫みんなの憧れ!簡単設置スノーピークタープ!

route.106さんの投稿
22639461 2344440322448266 845110132034502656 n

キャンパーならひとつは持ってみたいスノーピークのキャンプギア。
こちらのターぷは他と比較するとやはり高価な37000円程ですが、確かな性能と機能性で人気のタープです。
ヘキサ型タープの重量は3.6kgと軽量なのも人気の理由です。
落ち着いた色合いもおしゃれですね。

y.m_campさんの投稿
22636933 300471970452204 1695119254090678272 n

ヘキサ型では6角形がたのピークスノークのタープもキャンプにおすすめです。
値段は5万円弱ですが、設営サイズは920cm×1160cmほど、収納時はW80×D20×H20cmで重量は4.5kg程です。
持ち運びしやすい軽量な作りですね。
スノーピークのキャンプギアは持っていることがステータスにもなりますが、高機能高性能なスノーピークはやはりおすすめです!

⑬おしゃれ!ロゴスのワンタッチタープ!

hisa289732618さんの投稿
22793726 124170981677308 670597738122969088 n

おしゃれキャンプや、グランピングで人気なのがロゴスのナバホ柄タープです。
シンプルなベージュの布にカラフルなナバホ柄が目だっておしゃれです!重量も約4.3kgと軽量。
そして設営サイズは役330×435×230、収納時は66×16×16cmとコンパクトに収納することができます。

i_am_rinawoさんの投稿
17882258 137802950090179 3451356988020097024 n

このタイプのタープの価格は、17000円ほどで支柱を継ぎ足すことでタープの高さを調節する事が出来るので、使用時の必要性に応じて適当な高さに設置する事ができます。
また、おそろいのナバホ柄のティピーテントとの連結も可能な設計になっているのも嬉しいですね。
ぜひタープとテントおそろいで揃えてみたいです!

⑭簡単ワンタッチスクエアタープ!

kansaiudon_flstsさんの投稿
22500547 146054469469371 3832945577931309056 n

簡単ワンタッチタープといえばこの様なスクエア型のワンタッチタープです。
設営には数人いたほうがスムーズですが、ヘキサ型タープと比較すると、自立する分一人でも設営が可能なタープになります。
がっちりとした骨格なのできちんとペグなどで固定すれば少々の風には耐えてくれるたくましいタープです。

hareruya_glandglandさんの投稿
20393631 1887967788129766 817386620649996288 n

折りたたんで収納する際もコンパクトになります。
重量が重いものが多いので自立させて置いておく場合などは転倒したりする心配があります。
取り扱いには注意してください。
様々なメーカーやキャンプギアメーカーからサイズや色もたくさんの種類が展開されているので自分のカラーやサイズに合ったものが見つかるはずです。

⑮万能!簡単ワンタッチタープならスクリーンタープ!

monoca0807さんの投稿
22582381 391479874604534 3055195041497612288 n

オールシーズン快適なアウトドア環境を提供してくれるのがスクリーンタープです。
全面にシートやメッシュシートが下ろせるタイプの物で、夕方から冷え込んでくるキャンプでの防寒、防風に活躍してくれます。
コンパクトなサイズはなかなかありませんが、4人家族や大人数のデイキャンプなどでも活躍してくれる万能タープなので重宝します。

rickeybackside180さんの投稿
20905743 1992676937636076 6657113778821267456 n

夏場のキャンプにはスクリーンタープが虫除けになり安心してアウトドアを楽しむ事ができますし、寒くなってきたらスクリーンを下ろす事で冷たい空気を遮断してくれます。
ただ完全に密封されていないとはいえ、タープ内での火の取り扱いには注意が必要です。

簡単ワンタッチタープの設置は固定が大切!

outdoorshop_decemberさんの投稿
20398488 1494638833926962 7398707266217574400 n

ヘキサ型のタープやワンタッチタープなど安定した設置ができるタープをご紹介しましたが、基本はやはりきちんとペグなどでタープを固定する事が大切です。
どんなに紐で固定していてもアウトドアでは予期せぬ事が起こりえるので、タープヲ使用する際は、きちんとタープを固定して使用するよう心がけましょう。

campic_instaさんの投稿
15802374 270409450044360 4828452008539193344 n

スクリーンタープやスクエア型タープなどの4本足で設営できるタイプのタープでも、やはりペグなどできちんと固定して使用しましょう。
火気を使用するアウトドアでは安全上大切な事です。
楽しいアウトドア時間を安心して楽しむためにも使用方法はきちんと守って使用しましょう!

簡単設置ワンタッチタープまとめ!

anothersky373さんの投稿
22710796 1732870870343177 7672309073953423360 n

タープは暮らしの中で例えるとリビングのような存在です。
家族や友人などと暮らしの中でくつろぐリビングであるおすすめのタープをご紹介しました。
タープを選ぶ際にまず決めたいのが広さです。
使用する人数によって選ぶタープも違ってきます。
より快適にアウトドアを楽しむためにもサイズ選びから始めましょう。

noi._dさんの投稿
22710571 298024927349327 3827877233054187520 n

ひとり暮らしには一人暮らしに合ったリビングサイズがあり、大人数での暮らしにはその暮らしに合ったリビングサイズがありますよね。
タープ選びも、2~3人で使用するなら大人3~4人で使用する場合は、200㎜✕200mm、大人4~5人の場合は250㎜✕250㎜の広さ、大人5~6人で使用する場合は300㎜✕300位のサイズのタープがおすすめです。
サイズを選んだらポールで布を突っ張って設営するタイプのタープなのか、4本足で自立するワンタッチタープにするかを決めましょう。

bororongo.mk3さんの投稿
20968912 119973525389763 3917409876493467648 n

暮らしに欠かせないリビングはアウトドアの暮らしにも欠かせない存在です。
メーカーや大きさなどで価格はいろいろですが、安いものでは1万円ほどで購入できるタープもあるのでおすすめです。
ヘキサ型は2人で設営する必要がありますが、ワンタッチタープであればコツさえ掴めばひとりでも何とか設営できます!あなたの暮らしにあったタープを見つけて快適なアウトドア暮らしを楽しんでくださいね!

その他のキャンプギアに関する記事はこちら

オシャレキャンプにおすすめのグッズ・ギアまとめ!有名キャンパーも紹介

キャンプの雨対策!快適に過ごす設営・遊び・片付け・撤収のコツを紹介!

キャンプ道具の収納はどうしてる?スッキリ整理するおしゃれな収納術を紹介

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事