なんと筆圧にも対応 Web上でこねこねできる3DスカルプトツールStrata Sculpt 3D

なかなか触れる機会もなかったりしますし。

3Dスカルプ(彫刻)とは、「Sculptris」や「ZBrush」、「Polybrush」などの3Dスカルプティングソフトを使ったモデリングのこと。
粘土をこねるようなこのモデリング方法は、今ではCG作品制作に欠かせませんが、実際にソフトを使ったことのある人はわりと少数派でしょう。
であれば、「Strata Sculpt 3D」はかなりセンセーショナルな体験になるはずです。

171017stratasculpt3d02
Image: Strata Sculpt 3D

Strata Sculpt 3DはWebベースで動作する3Dスカルプトツール。
WebGLで動作するスカルプトツール「SculptGL」をベースに開発されており、架空粘土をこねこねするようにしてモデリングができます。
画面右のツールからブラシやつまみ、回転、ペイントなどを選択してみたり、レンダリングを変更したりして3Dモデリングのイロハを探っていくのも面白いですよ。

171017stratasculpt3d03
Image: Strata Sculpt 3D

上部のメニューバーからは書きだしや保存、はじめに表示させる架空粘土の形状(球、立方体、トーラス等)、タブレットの筆圧設定などが可能。
かくも自由度が高く動作も軽快となれば、3Dスカルプがどんなものかを体験するには十分なボリュームだと思います。
触ってみることでプロの作品の妙技がわかるというものもありますしね。

3Dモデリング、興味はあってもそこから先どうしようかという人も少なくないでしょうし、まずは触ってみるというそこのところが容易いのはありがたし。
好きな人はずっと触っていられそう。

Strata Sculpt 3D overview from Strata 3D on Vimeo.

Image: Strata Sculpt 3D
Video: Strata 3D/Vimeo
Source: Strata Sculpt 3D, SculptGL

(ヤマダユウス型)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事