スタバ店員が選ぶ最悪な注文カスタマイズ集が色んな意味ですごい

スタバ店員が選ぶ「最悪な注文カスタマイズ」集が色んな意味ですごい

スターバックスはメニュー表に書いてある商品のほか、シロップやソースを追加したり、トッピングをしたりして、自分好みにカスタマイズが可能
海外ではアプリから事前注文することも可能なので、お店で呪文のような注文を唱えることなく正確にカスタマイズが行えるようになっています。
そんな中で、スターバックスの店員であるTerence Wigginsさんが、「自分が受け取った最悪の注文」を公開しており、狂気を感じるような注文票が並んでいます。

Godspeed You! Black Nerd
http://theblacknerd.tumblr.com/post/166715843481/today-i-formally-put-in-my-two-weeks-at-starbucks

「トール キャラメル フラペチーノ」と書かれているラベルは一見すると普通ですが、よく見るとその下に「粗糖・14杯」「キャラメルソース追加」「かき混ぜ」「ホイップ追加」と書かれています。
甘党でないと聞いているだけで気持ち悪くなってしまいそうな仕上がりです。


ベンティ チェストナッツ プラリネ ラテ」は、海外で販売されている栗とプラリネというチョコレートのラテ。
ベンティはトールの2段階上のサイズ・内容量は590mlなので、これだけでもカロリーの塊では……という感じですが、さらにそこに「チェトナッツ プラリネを7ポンプ」「シナモンドルチェシロップ追加」となっており、一方で「人工甘味料」「無脂肪」と、健康に気を遣っているのか遣っていないのかよくわからない注文。


「トールサイズのパイクプレイス」と、ホットコーヒーを注文したところまではよかったものの、「クラシックシロップ20ポンプ」「クリームを添えて」と一気に砂糖の塊に変化。


カフェ・バニラ・フラペチーノ」に「ダブル」「モカ」「豆乳」「ホイップ追加」「バナナ」「いちご」と何味にしたいのかよくわからない混沌とした注文の最後に「Ask Me(尋ねてください)」というリクエスト付き。


「ベンティ ホワイト モカ」「2分の1 デカフェ」「ラズベリーシロップ 10ポンプ」と、朝7時の注文にしてはヘビーです。


「ベンティ パンプキン ラテ」は「14ショット」「パンプキンソース12ポンプ」「アーモンドミルク」「パンプキントッピング追加」「ホイップなし」……と、単純にカップの中に14ショットのエスプレッソが入るのか謎。


「グランデ アイスコーヒー」「クラシックシロップなし」「人工甘味料15杯」「氷少なめ」。
これまでの注文がヘビー級すぎて、決してそんなはずはないのですが、まともな注文に見えてくるのが不思議です。


「トール パイクプレイス」「クリーム追加」「砂糖12杯」という劇甘ドリンクに甘い「バナナナッツブレッド」を合わせていくスタイル。


アイス ブラックティー シェイク」に「クラシックシロップ18ポンプ」「私物のカップ」で、とコーヒーではなくお茶ベースでも尋常ではない甘さ。
午後の一杯のようです。


「ベンティ モカ フラペチーノ」「6ショット」「モカ4ポンプ」「粗糖12杯」「ホイップなし」「ホイップクリーム追加」ともう何がしたいのかよくわからないのでした。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事