食べられるロボットに食べ物を食べさせてもらえば間違えてロボットを食べても大丈夫

人間に優しいロボット開発中。

ロボット分野ではもっとも大きい国際会議の一つであるIROS。
そんなIROSで先日発表された「食べられるロボット」が話題になっています。

スイス連邦工科大学ローザンヌ校の研究者たちが開発したのは、ゼラチンで作られた空気圧式アクチュエーター。
百聞は一見にしかず、こちらのビデオをご覧ください。

これは不思議な光景です。
林檎をつかんでいるロボットアーム部分はゼラチンでできているので、アームを食べてしまっても消化されるというわけです。
しかし「食べられる」と知るだけで、ちょっとかじりたくなるのは不思議ですね。
このロボットに林檎をあーんと食べさせてもらえば、間違ってロボット部分をかじっても大丈夫ということです。

と、それも実はそれほど冗談でもありません。
ゼラチンなどの素材でロボットのパーツを作ることは他の研究施設も行っており、それは接触事故を起こしても人間が傷つかないようなロボットを開発するためなんです。
工場にしても家庭においても、今後はますます人間はロボットに囲まれて生活することが予想されます。
web動画なんかで見かける開発中のロボットたちの多くは、人間とは違ってどれも金属むき出し。
誤って人にぶつかるだけでも、大怪我になる可能性があるわけですね。

そう考えると、確かにゼラチンでできたロボットなら怖くありません。
いつかロボットが大反乱を起こしても、食べられるのなら安心です。

IEEE Spectrumによると、IROSでこのプレゼンテーションを見ていた観客からは「研究者たちは実際にこのロボットを食べたのか」という質問があがったそうですが、回答は「食べた」とのこと。
ただ動くアクチュエーターを丸かじりしたわけではなく、製造過程で出た断片を食べたそうです。

消化できるロボットはまた、医療分野でも活躍が期待される、と彼らの研究でも述べられているようです。
人間の身体の内部から働きかけるロボットに応用できるかもしれません。
さらにゼラチンは溶けることで欠損した部分を自分で修復できるという、予想外のメリットも発見したようです。

「食べられる素材で出来ているからぶつかっても大丈夫ですよ」なんて言われたらちょっと食べてみたくなるのは動物の性でしょうか…

Image by IEEE Spectrum / YouTube screenshots
source: IEEE Spectrum / YouTube

(塚本 紺)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事