ソニーのスマートスピーカーの発売日は12月9日 ならではのこだわりはどこ?

時はまさにスマートスピーカー戦国時代。

LINE(ライン)の「WAVE」が出たかと思えば、先日はGoogle(グーグル)の「Google Home」が上陸、そうこう言ってるうちにAmazon(アマゾン)の「Alexa」も年内に…とか言ってます。

そしてソニーもです。
IFA 2017にて発表されたスマートスピーカー「LF-S50G」の国内販売日が2017年12月9日と発表されました。

171025sumakso02
Photo: ギズモード・ジャパン

カラーラインナップはブラック・ホワイト・ブルーの3色
ブルーというのはちょっと意外でしたけど、深めのブルーでオシャレ感も高め。

171025sumakso01
Photo: ギズモード・ジャパン

円筒形の本体にはメッシュの裏にデジタルパネルが備わっていて、時刻を表示することもできます。
聞くより速く時間がわかるというのは、小さな工夫ですけど間違いなく便利ですね。

個人的には「It’s a Sony」で起動したら最高でしたけど、搭載されているアシスタントはソニー独自ではなく、Google Homeスピーカーと同じく、Google アシスタントとなります。
そのため、「OK(ねぇ), Google」での音声コントロール開始。
音楽再生をはじめ、照明やテレビ、スピーカーなど対応機器を操ったり、ニュースやカレンダーの読み上げなども利用できますよ。

加えて「LF-S50G」独自の機能として、「ジェスチャーコントロール」での操作にも対応しているんです。

本体の後ろ側から手前に向かって手を動かすと「OK, Google」と同じくGoogle アシスタントが起動します。

「クラシックを聞きたい」

というリクエストに対してSpotifyから曲を探して再生してくれました。
また、左から右に手を動かすと曲のスキップ、前から後ろに手を動かすと再生停止。
その手、フォースを操るかのようにスマートスピーカーを操れます

他にも「LF-S50G」独自のコダワリポイントとして、本体に対向配置での2Wayスピーカーを内蔵。
2ステージディフューザーを中央に挟むことで、360°サウンドを実現しているとのこと。

部屋を動き回っても音楽やナレーションが聞きづらくなることはありませんし、また、周囲の環境に合わせて音量を自動で調整するといった機能もアップデートで対応予定です。
もちろん、サブウーファーも搭載して低音もフォローと、このへんはソニーゆえのコダワリを感じさせられますね。

171025sumakso00_a
Photo: ギズモード・ジャパン

Google Homeより一回り上の音楽体験を得られそうなソニーのスマートスピーカー「LF-S50G」の市場実勢価格は、2万5000円前後になるとのことです。

Google Homeよりも1万円増しだけど、音質を求める人はこっちを選びたく…なっちゃいますよね、きっと。

Image: ギズモード・ジャパン
Source: ソニー

(小暮ひさのり)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事