倒れないバイクのカタチ LMWな多脚型かPower of Dreamか #TMS2017

青組にも紅組にもがんばっていただきたいですねー。
フレーフレー。

停止〜微速状態だとバランスを崩しやすいバイク。
ゆえに危険というバイアスがかかりがちではあります。

さて今回のモーターショーでは、ヤマハとホンダがそれぞれ、倒れないバイク(パーソナルモビリティ)の提案をしています。
安全なイメージの乗り物にしたいという願いを具現化していましたよ。

DSC00129-1
Photo: 武者良太

まずは企業イメージカラーが青のヤマハから。
MTシリーズの系譜となりそうな顔付きの「NIKEN」です。
同じく3輪のスクーター・トリシティで培ってきたLMW技術を用いた、フロント2輪・リア1輪のモデルです。

3輪というとサイドカーやトライクがありますね。
彼らは基本的に車体を傾けることができないので、カーブ時がちょと辛い。
以前ウラルサイドカーに乗っていましたが、遠心力に負けないように身体はイン側に入れつつハンドルもぐいっと曲げるのは、操作感は楽しいけど疲れるところもあったりして。

閑話休題。
ヤマハのLMWは独立式の片持ち多脚構造で、コーナリング時のバンクが自由自在だし、コケるという不安感なし。
停車時も安定度が高く、ストレスフリーなんですよね。

DSC00232-2

対するは紅組ことホンダの「Honda Riding Assist-e」。
ジャイロを使って自動的にバランスを取るバイクです。
スタンドをかけずにビシッと直立。
ライダーが跨るとハンドルを左右に動かしてキャリブレーションを行い、バランスを再調整。
やっぱり、ビシッと直立します。

未来感が強いのはどっちかといったらコッチ。
技術“力”という意味でPower of Dreamです。
でも、現時点においては実験機の域を出ていません。
2030年ビジョンを示すためのコンセプトモデルなので、実用化はまだまだ先でしょうね。

Photo: 武者良太

(武者良太)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事