SMAPの復帰をビクターが待っている証拠!?決してユニバーサルではないその理由

稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾の3人が来春に映画「クソ 野郎と美しき世界」の公開を正式発表した一方で、音楽の方はユニバーサルミュージックと契約するのでは無いかと複数のメディアが報じ、話題となっている。

画像は「クソ 野郎と美しき世界」の公式HP

ユニバーサルとジャニーズは元々関係は悪くなかった。
過去にはTOKIOがユニバーサルと契約していた時期もあったが、その間TOKIOはシングル18作品中、1位は6回。
ジャニーズとしては物足りなかったのか、その後は嵐が引っ張って売上を伸ばしたジャニーズ事務所のレコード会社「ジェイ・ストーム」へ移籍。

それからユニバーサルにジャニーズ事務所のグループは所属することは無くなってしまった。

しがらみが無くなったということもあり、近年ユニバーサルは元ジャニーズとメジャー契約を立て続けに行っている。
元々、この流れはSMAPが退所した後の受け皿の布石だとも言われていた。

元KAT-TUNの田口淳之介と今年2月に契約を結んだかと思えば、6月には田原俊彦までもユニバーサルからメジャー復帰。
さらに10月には赤西仁と業務提携を結んだことも発覚。
12月にアルバム「Blessed(ブレッシド)」を、世界254の国と地域でリリースする予定となっている。

ユニバーサル傘下のレーベルではジャニーズ競合の愛知県地盤のアイドルグループ「BOYS AND MEN(ボイメン)」が所属するなど対決路線が鮮明になってきているが、本当に稲垣・草なぎ・香取の新しい地図の3人がユニバーサルからメジャーデビューするとなれば、ジャニーズ事務所との対立の構図はさらに悪化するだろう。

しかし3人、さらにファンにとって長年SMAPがお世話になったビクターで復帰してもらいたいという気持ちを持つ人も多いだろう。
ささやかながら可能性を感じさせる情報もあるようだ。

ビクターがSMAPの復帰を待っている証拠!?

目次

  • 1 ビクターがSMAPの復帰を待っている証拠!?
  • 2 ビクターとSMAPの関係

昨年12月21日に発売されたSAMPのベストアルバム「SMAP 25 YEARS」。
既に7月31日にキャンペーンを展開していた特設サイトは終了。
またSMAP関連のポイントサービス「SMAPO(スマッポ)」は6月30日で終了している。

例えば「SMAP 25 YEARS」の特設サイトは7月末で終了し、サイトドメインは9月に終了。
更新する必要の無いものだが、無くなってしまわないようにビクターが1年間期間を延長していることがわかっている。

これはビクターがSMAPが戻ってくることを信じて自主的に行っていることなのだろうか。

SMAP 25 YEARSのドメイン

SMAPOのドメイン

ビクターとSMAPの関係

ビクター内にはSMAPチームが少し前までは存在し、15名ほどの体制だったという。
メンバーは入れ替わっているだろうが、SMAPとチームは25年以上の付き合い。

そんなSMAPと最も関係の深いチームだったが、実はSMAPの解散を事前に知らなかったという。
一般常識であれば最も重要な関係者なのだが、ビクターのSMAPチームは解散することを夜中に報道で知り、スポーツ紙を買ってきて情報収集に追われたという。

もはやSMAPファンにとっては有名な話だが、ジャニーズ事務所にはSMAPに貸す会議室やリハ室などは無く、SMAPのメンバーはいつもビクターの会議室を借りていた。

それを証拠に2015年6月2日「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)では中居正広が「ジャニーズ事務所に行ったことが無い」(正確には六本木に所在していた時は行ったことがあった)と発言していたし、かなり前に木村拓哉も自身のラジオ番組で「新しい自社ビルに入ったことが無い」と話していた。

また香取慎吾と草なぎ剛がパーソナリティを務めるラジオ番組では収録する場所が無くてビクターに場所を借りたこともあったし、稲垣吾郎が事件を起こした時の会見さえもビクターの会議室だった。

挙げ句の果てには中居正広がエイベックス所属の舞祭組の楽曲をつくるためにビクターの会議室にこもって楽曲制作をしていたという。
ライバルレコード会社の曲作りであっても、SMAPのためならビクターは会議室を貸してくれたのだ。
事務所にはマッチの部屋はあれど、SMAPの居場所が無かった。

こういったこれまでの関係を考慮すると、複数メディアが報じている「SMAPがユニバーサルからデビュー」という報道に信憑性をあまり感じない。

ビクターからSMAPが復帰するとなれば、ユニバーサル同様にジャニーズ事務所と対立構図にはなるだろうが、きっとビクターなら25年以上付き合ってきたSMAP側につくのでは無いだろうか。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事