息を飲むような瞬間を 2017年ロンドン自然史博物館主催の自然野生動物フォトコンテスト受賞作

自然の美しさだけでなく、厳しさもとらえたベストショットの数々。

ロンドン自然史博物館が毎年行なっている自然野生動物フォトコンテストの2017年度入賞作が発表されました。
今年の優秀作品に選ばれたのは、妖しく発光するシロアリ塚やジャングルでくつろぐゴリラ、そして密猟の犠牲となったクロサイの胸が張り裂けそうなショットなど…。
噓偽りない野生動物の日常を収めた秀作ばかりです。

今年は92か国から5万枚以上のエントリーがあったなか、作品の創造性、オリジナリティ、技術的に卓越している点を評価して、審査員たちが最優秀作品を選びました。
毎年恒例のコンテストの一環として、英国サウス・ケンジントンにある同博物館では第53回今年の自然野生動物フォトコンテスト展を開催。
100枚の作品が展示されます。

では各部門の入賞作品を見てみましょう。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事