SNSで顔認識バレしたくない人にPrivacyVisor

輪郭で認識する技術も高まってきているから、イタチごっこではあるけども。

一見フツーのサングラスですが、こちらの「PrivacyVisor」はFacebookなどのSNSで使われている顔認証(人物認証)を阻害するためのサングラス
「家族が病気で!」と休んだにもかかわらず、どなたかがUPした観光地などの画像にタグ付けされてしまう事態を防ぐためのアイテムです。
嘘はいけませんね、嘘は。

いや、嘘でなくても、プライベート旅行しているときに誰かの写真の背景に写り込んでしまって、タグ付けされるシチュエーションも考えられます。
そこから生まれる要らぬ誤解。
切ない世の中ですよね。
「写真はやめてください!事務所通してください!」という前にクラウド上でコヤツは誰だと指摘されちゃうんですから。

DSC_3107
Photo: 武者良太

「PrivacyVisor」は、サングラスのレンズ面を外側に向けて傾けられる可動式フレームとなっています。
通常のメガネやサングラスは内側(顔側)に傾斜がつけられているので、反対の角度となるんですね。

その効果は太陽や室内照明の光を反射させ、積極的にカメラのレンズ面へと送り込むもの。
具体的に見てみましょう。

IMG_9001-1
Photo: 武者良太

スタンダードな顔認識は、目の位置、間隔、耳の位置など、各パーツの位置関係から人物特定を行いますが、「PrivacyVisor」をかけた状態だと天井照明が映り込みまくり。
目の場所がわからない(顔認識のアルゴリズムによっては、サングラスをかけているとも判断しにくい)ため、画像をSNSで公開しても白い枠がつかずにタグ付けできません。

前述したように、顔認識の技術は進化し続けています。
目元の情報がなくても個人を特定できる技術が生まれないとも限りませんが、現状は効果あるアイテムでしょう。

Photo: 武者良太
Source: FAAVO

(武者良太)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事