あずま袋の簡単な作り方!風呂敷より使いやすい便利な袋を手作りで

あずま袋の作り方を知っていますか?あずま袋はその便利さからメインバッグとしても、エコバッグとしてもお弁当袋としても大活躍します。
お気に入りの布を使って作るあずま袋の作り方やおしゃれで可愛い使いやすいあずま袋をご紹介します。

目次

  1. あずま袋とは?
  2. あずま袋は使いやすいエコバッグになる
  3. 作り方を変えればお弁当箱包みに便利
  4. 作り方次第でファッションのアクセントに
  5. あずま袋の簡単な作り方が知りたい!
  6. あずま袋の作り方は簡単!
  7. キッチンクロスで作るあずま袋
  8. 1.おしゃれで使いやすいあずま袋
  9. 2.色違いで揃えると可愛いあずま袋
  10. 3.季節に合わせてアレンジ可能なあずま袋
  11. 4.バイカラーがおしゃれなあずま袋
  12. 5.組み合わせ次第で夏も大活躍のあずま袋
  13. 6.持ち手も簡単にアレンジできるあずま袋
  14. 7.プラスの工程で自分だけのあずま袋
  15. 8.お弁当箱包みもあずま袋が使いやすい
  16. 9.大きめサイズのあずま袋はエコバックに便利
  17. 便利で使いやすいあずま袋を簡単に作ろう!

あずま袋とは?

あずま袋とは、江戸時代頃に西洋文化に感化され普及された袋です。
風呂敷や手ぬぐいを縫い合わせて作った袋状のものを指し吾妻袋やあづま袋といった表記で示されることが多いようです。
一枚の風呂敷を2箇所縫うだけで作れるあずま袋は昔から重宝されていました。

sara_utuwaさんの投稿
20066078 1917876805203594 2345541301736308736 n

急な荷物を運ぶことが必要になったとき、あずま袋があれば簡単に持ち運ぶことができます。
簡単な材料で作ることができるあずま袋は江戸時代から今なお使われており、現在では可愛い布やおしゃれな生地を使ったあずま袋も販売されています。

annemariraさんの投稿
20181281 187591528444668 7900758629240799232 n

今回は、あずま袋の簡単な作り方をご紹介します。
便利で使いやすいあずま袋は、1枚持っているとどんな場面にも対応することができる優れものです。
余った風呂敷上の布や端切れなどがあれば簡単に作ることができるあずま袋を作ってみませんか?

あずま袋は使いやすいエコバッグになる

あずま袋はエコバッグとして使われることが多いようです。
その理由は、大容量でありながらコンパクトにまとめることができる素材にあります。
端切れ布などを使った場合、どんどんコンパクトに折りたたむことができるのでカバンの中でかさばることがありません。

chocomise.noteさんの投稿
20067232 1454575777968911 399232611915923456 n

さらに、広げると大きなサイズになっているのでエコバッグとしては大変重宝されます。
カバンの中で場所を取ることがないので小さなバッグで出かけるときにもカバンの中にあずま袋を忍ばせておけるので使いやすく便利に感じますね。

昨今はスーパーで袋を減らしたりエコを意識した活動が盛んに行われています。
新しくエコバッグを購入するためにゴミが増えてしまっては本末転倒ですね。
自宅にある使っていない洋服や端切れなどを用いて作ることがでいるあずま袋は低コストです。

作り方を変えればお弁当箱包みに便利

エコバッグではなく、作り方を小さくコンパクトにしたあずま袋はお弁当袋として使うことができます。
作るときにサイズを調節することができるのでお弁当だけではなく水筒も一緒に入れることができて便利ですね。
持ち手を縛れば安定感が得られる使いやすいお弁当袋に変身します。

maako1029さんの投稿
20347364 254291605062072 8609968909333823488 n

市販のお弁当袋は洗濯がしにくかったり汚れが落ちにくかったりと不便に感じる点もたくさんあります。
手作りのあずま袋にすることで丸洗いすることができ使いやすいものです。
予備のあずま袋を作っておくことで洗濯中に別のあずま袋を使用することができ、お弁当とともにあずま袋を楽しむこともできます。

小さなサイズであれば、使っていない洋服や余った布の端切れを組み合わせて作ることもできますね。
端切れで作ったカラフルな色合いのお弁当袋はおしゃれで可愛らし印象を受けますね。
一つしかないオリジナルのお弁当袋を作ることができます。

作り方次第でファッションのアクセントに

あずま袋の魅力は機能性だけではなく、デザイン性も高い点です。
エコバッグではなくおしゃれなバッグとしても活用することができるのでお気に入りの生地を使ったり色を組み合わせることでファッションに合ったバッグとして活用することができますよ。

makimaki_polandさんの投稿
20214422 249098382261112 3926344009764569088 n

あずま袋は組み合わせ次第でどんなファッションとも相性よく収まります。
あずま袋は女性だけではなく男性も活用することができ、ファッションのアクセントや差し色にぴったりです。
シックで落ち着いた色合いにすることで家族みんなで使用することができます。

あずま袋は、人を問わず使用することができます。
大きさを変えることで子供や男性も使用することができるので、使う方に合わせてサイズを変えてあげたいですね。
家族みんなで同じモチーフのあずま袋を使用していると仲の良さもぐっと深まりますね。

あずま袋の簡単な作り方が知りたい!

あずま袋の簡単な作り方⑴正方形から作る

あずま袋の簡単な作り方の一つ目は、風呂敷のような正方形の状態になっている布から作る方法です。
風呂敷のような形になっているハンカチからあずま袋を作ることができます。
使わなくなったバンダナからも作ることできるので風呂敷状の布から便利で使いやすいあずま袋を作りましょう。

あずま袋の簡単な作り方⑵長方形から作る

もう一つの作り方は、風呂敷状ではなく長方形からあずま袋を作る方法です。
長方形になっている布であれば、風呂敷状のようにハサミで布を切る必要もないので簡単に作ることができます。
ミシンがない場合は手縫いでも使いやすいあずま袋を作ることができます。

YouTubeでも作り方が見れる!

テキストなどを見てもよくわからない方向けに、YouTubeでもあずま袋の作り方が紹介されています。
風呂敷布一枚から作ることができるあずま袋は、一度作り方を覚えると応用ができたりアレンジを楽しむことができます。
自分だけの使いやすい便利なオリジナルあずま袋を作りましょう!

あずま袋の作り方は簡単!

sasazuka_salonさんの投稿
21479638 169294973634580 411332389487247360 n

準備するものは、風呂敷状の布または長方形の布(縦横比率1:3)・針・糸・はさみです。
ミシンをお持ちであれば簡単に縫うことができます。
手縫いの方は手縫い用の針、糸を用意してください。
布は、手ぬぐいのように周囲が三つ折り縫いされているものを用意すると簡単に作ることができます。

sasazuka_salonさんの投稿
21433560 113452559350718 7978510443675123712 n

布の横幅を三等分にして折り目をつけます。
どちらか片方を折り目に合わせて内側に折り、折った下部を縫い合わせます。
縫い合わせた布の上側を持ち上げて三角に折り、三等分した折り目に合わせて内側に折り、合わさった上部を縫い合わせます。

sasazuka_salonさんの投稿
21568454 498662537135087 3321038368770359296 n

一番上側にある布を対角線で半分に折り、対角線で折った間から布をくるっとひっくり返せば出来上がりです。
荷物を入れて重さに堪えられる部分で持ち手を結んで使用しましょう。
使いやすい風呂敷のようになるので便利で持ち運びも簡単ですね。

sasazuka_salonさんの投稿
21480346 1967391050216689 4148301356911820800 n

キッチンクロスで作るあずま袋

キッチンクロスでの作り方

風呂敷布や手ぬぐいなどであずま袋が作れるようになったら、次はお気に入りの生地をを使ってあずま袋を作ってみませんか?キッチンクロスなど手近な布から始めると感覚を得られやすいので、どんなサイズの布でもアレンジしやすくなりますよ。

basic_fabricさんの投稿
21479630 833189503512651 8228482415090204672 n

まず、周囲を三つ折り縫いにした布を用意してサイズを測りましょう。
縦横の比率が1:3になると作りやすいのでおすすめです。
お弁当箱などにするのであれば、底に布を足してマチを作ることで使いやすくなりお弁当のサイズを選ばずに安定感があるので便利ですね!

薄い布で作ると縫いやすく簡単に作ることができますね。
あずま袋作りに慣れてきたのであれば厚手の布にもトライしましょう。
厚手の布は縫いにくく感じてしまいますが、耐久性があり形も崩れにくいのでどんな荷物にも耐えることができて便利ですよ。

1.おしゃれで使いやすいあずま袋

あずま袋といえばこれ!といった定番です。
単色で作ったあずま袋はファッションにもポイントとして生かすこともでき、小さくたたんでカバンの中に忍ばせておくことでエコバッグとしても活用することができるので大変便利なバッグです。

alin_creemaさんの投稿
22344560 1579971892045664 4206857296053010432 n

作り方のポイント

単色であればどんなファッションにも合うので1つは持っておきたいですね。
薄手のあずま袋は見た目にも軽く爽やかな印象を受けますが一年を通して長く利用するのであれば厚手のあずま袋がおすすめです。
持ち手が結びにくいのでアレンジしたいですね。

2.色違いで揃えると可愛いあずま袋

あずま袋は一つではなく、何個も並べたくなる可愛らしさがあります。
マチがついていないあずま袋はコロンとした見た目になっているので周りの方にもやわらかい印象を与えることができますね。
お友達や家族と色違いで持っておきたいですね。

sora_bentoさんの投稿
21909636 466983970367775 3417833406770184192 n

作り方のポイント

サイズを揃えて色や柄を変えることで統一感が出ておしゃれになります。
用途に合わせて使う分けることで便利な使い方ができそうですね。
洋服を入れておいたり、お土産を渡すときなどお呼ばれしたときにも料理を少し包むこともできるのであずま袋は贈り物にも最適ですよ。

3.季節に合わせてアレンジ可能なあずま袋

あずま袋は風呂敷のような布でしか作れないと思っていませんか?実は、もっとアレンジを加えてあずま袋を作ることも可能です。
夏に使用するあずま袋であれば、このようにメッシュになっている生地を使うことで涼しさを感じることのできる季節に合ったあずま袋を作ることもできますよ。

itokobacoさんの投稿
18251925 274506556344759 164602431185879040 n

作り方のポイントは?

季節に合わせた布選びが大きなポイントです。
夏であれば、涼しさを感じるような麻などを用いると見た目にも涼しいですね。
冬であれば厚手の生地がおすすめです。
モコモコした生地を取り入れることでメインバッグとしても活用することができます。

4.バイカラーがおしゃれなあずま袋

おしゃれなあずま袋が作りたい方におすすめしたのは、単色カラーではなく2色カラーのあずま袋です。
持ち手と荷物を入れる部分の色が違うバイカラーにすることでメインバッグとして大活躍してくれますね。
シンプルな色にすることで普段使いにぴったりのバッグになりますよ。

作り方のポイント

fg_fukagawaさんの投稿
15625236 390436988014680 2891696837813600256 n

持ち手の色を変える他にも、面積の広い部分の布を変えてもおしゃれになりますね。
端切れを組み合わせたり同系色の色や柄の生地を組み合わせることによりファッションのアクセントとしても活躍します。
色を選ぶことで差し色になもなるのでポイントの効いたコーデを楽しむことができます。

5.組み合わせ次第で夏も大活躍のあずま袋

あずま袋の魅力は、布だけではない点です。
実は、カゴバッグと組み合わせて使用することで夏らしいすっきりとしたあずま袋を楽しむことがでいます。
使っていないカゴバッグがあれば、お気に入りの生地を使ってあずま袋と組み合わせてみましょう。

作り方のポイント

kikuchijunko_さんの投稿
19955418 1937011356520660 8945754791179452416 n

夏に活躍するのはもちろん。
お弁当入れとしても活躍できますね。
お弁当箱入れ用のマチ作りが億劫に感じるのであれば、余ったカゴと組み合わせてあっという間におしゃれで可愛いお弁当箱入れの出来上がりです。
荷物の出し入れが簡単なので町歩き用にもぴったりですね。

6.持ち手も簡単にアレンジできるあずま袋

あずま袋は、持ち手部分をギュっと縛って出来上がりですがアレンジ次第ではさらにおしゃれにすることも可能です。
持ち手部分に革を使用したり紐を用いることで耐久性が上がり、ファッションのワンポイントとしても活躍しますよ。

作り方のポイント

tarosuke0707さんの投稿
20066990 153781965176673 5596152613558026240 n

お気に入りの生地に合った素材を使用することで一体感を感じやすくなります。
また、同系色など色や柄を合わせた持ち手にすることでメインバッグとしても使用することができます。
元気カラーの布を使用したときには、落ち着いた色の持ち手にするなど、アレンジを楽しむことができますね。

7.プラスの工程で自分だけのあずま袋

あずま袋を縫うだけではなんだか物足りない方には、刺し子や刺繍がおすすめです。
刺し子や刺繍は、自分の好みで入れることができるので自分だけのオリジナルあずま袋が出来上がりますね。
お気に入りの刺し子や刺繍を取り入れてくださいね!

harishigoto_nozo_さんの投稿
15535603 620973834770994 3956595349920940032 n

作り方のポイント

bunbun_shaさんの投稿
20184268 117396632218327 8719555163100020736 n

刺し子や刺繍を入れるのであれば、落ち着いた厚手の布がおすすめです。
厚手の布は針が刺しやすく色が映えやすくなります。
落ち着いた色にすることで刺し子や刺繍が目立ち、ワンポイントとしても可愛くおしゃれになりますよ。
あずま袋が出来上がったらぜひトライしてみてくださいね。

8.お弁当箱包みもあずま袋が使いやすい

お弁当袋は中がこぼれないようにしっかりとサイズを合わせる必要があります。
持ち歩いてる間に揺れてしまいお弁当の中身がよれてしまったり、サイズの合わないお弁当箱包みを使用していると出し入れが面倒に感じてしまうものです。

作り方のポイント

ohanamahalo.087さんの投稿
21827179 548255858845925 5438794065623646208 n

自作のお弁当箱包みであればお気に入りの布でジャストサイズのお弁当箱包みを作ることができます。
お箸入れや水筒入れの部分を合わせて作ることができるので使いやすいオリジナルのお弁当箱包みができますね。
さらに出し入れが大変簡単なので小さなお子さんも使いやすさを感じてくれますよ。

9.大きめサイズのあずま袋はエコバックに便利

あずま袋が作れるようになったら大きめサイズのあずま袋にトライしませんか?大きめサイズのあずま袋はエコバッグとして使いやすく、持ち運びもコンパクトなので大変便利です。
突然増えてしまった荷物をまとめて持つこともできるので一枚は持っておきたいですね。

作り方のポイント

sourire172さんの投稿
21879680 120431305264459 5191503120168910848 n

どんな荷物でも持てるように大きなサイズのあずま袋が欲しいものですが、自分の体に合わせたサイズ感が大切です。
持ったときに方に負担がかかりすぎないようにそこの長さを測りましょう。
持ったときにバランスが悪くならないようにサイズを測ることが大切です。

便利で使いやすいあずま袋を簡単に作ろう!

あずま袋は初めて使う方には少し使いにくさを感じることもあるかもしれません。
ファスナーが付いていなかったり、持ち手の長さに違和感を感じたり荷物の出し入れに安定がなかったり感じてしまう方もいらっしゃいます。
しかし、その点はあずま袋の魅力でもあります。

ファスナーが付いていないことで荷物の出し入れが簡単にでき、持ち手の長さを自分で調節することができるので荷物の重さに合わせて重心を調節することができます。
あずま袋があることで袋をもらうこともないのでゴミが減り自然と地球環境を考えたエコ活動につながっています。

あずま袋はお弁当袋やメインバッグなど大きさを選べばどのようにも活用することができます。
色の組み合わせを変えたり、持ち手の素材を変えることで印象を大きく変えることができますね。
ぜひ、お気に入りの布を使って世界で一つだけのオリジナルあずま袋を作ってくださいね!

合わせて読みたい手作りについての記事はこちら

母子手帳ケースを簡単に手作り!ハンドメイドできるデザインまとめ!

巾着袋の作り方!簡単に100均の材料でもおしゃれに手作り出来る!

幼稚園のバザーで手作り商品が人気!格安で簡単にできるかわいい作品は?

ブックカバーの作り方!布や紙で簡単・可愛くおしゃれに手作りする方法

手作りでキーホルダーを!100均で揃えられる簡単な作り方を紹介します!

手作りお守りを渡そう!フェルトからの作り方!親しい人や彼氏に是非!

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事