残り1日!荷造りを効率化するコンプレッション収納バッグKompakの特徴をおさらい

ライフハッカー[日本版]より転載:クラウドファンディングサイト「machi-ya」にて資金調達中の、コンプレッション収納バッグ「Kompak(コンパック)」のキャンペーンが残り1日となっています。
Kompakは、キレイな衣類と汚れた衣類を分けて収納することができ、チャックを閉めるだけで全体を40%も圧縮できる、旅行者のニーズをがっちりと捉えたプロダクト。
今回は、あと1日でキャンペーンが終了してしまう前にポイントをおさらいします。

キレイな衣類と汚れた衣類を分けて収納

20171022-kompak02
Image: machi-ya

Kompakは両面収納で、通気性のあるドライ部分と、防水・防臭仕様のウェット部分に分かれています。
荷造りをする際に、まだ着ていないキレイな衣類をドライ部分に収納し、旅の途中で汚れた衣類、濡れた衣類をウェット部分に入れ替えていくことで、いつでも整然とパッキングされた状態を保つことができます。
これで、慌ただしい旅行中に、着た服はどっちの袋に入れたんだっけ?と混乱することもなくなります。

201710202kompak03
Image: machi-ya

キレイな衣類は通気性のあるドライ部分に収納。
シワもつきにくくなっています。

20171022-kompak05
Image: machi-ya

汚れた衣類や濡れた衣類はウェット部分に収納。
ジッパーも防水仕様なので水漏れの心配はありません。

チャックを閉めるだけで40%も圧縮

20171022-kompak06
Image: machi-ya

衣類を収納したら、ミドル部分のジッパーを閉めるだけで、収納ケース全体を40%も圧縮できてしまいます。
従来の圧縮袋のように、わざわざ掃除機を持ち出したり、ひざで衣類を押しつぶしながら空気がもれないように慎重にチェックを閉める、なんて苦労も必要ありません。
ジッパーを閉めるだけで衣類を圧縮できるのは、忙しい旅行の荷造りにはかなりありがたいのではないでしょうか。

高品質素材を使用

20171022-taskin07
Image: machi-ya

Kompakは、通常のナイロンの5倍の強度を持つ高品質のバリスティックナイロンや、軽量性や撥水・防水性に優れ、登山用品などにも使われるリップストップナイロン生地を使用しています。
さらに、ウェット部分には防水仕様のYKKジッパーも。
まさに最高の品質、最高の耐久性を持つパッキングケースといえます。

そんなKompackは、2017年10月20日執筆現在で支援者が400人を超え、注目を集めています。
サイズはSとLの2種類。
Sサイズは約25.4cm X 約20.3cm X 約10.2cmで、洗面具などの小さな携行品を入れるのにも適しています。
Lサイズは約36.2cm X 約25.7cm X 約10.2cmで、フルサイズのスーツケースにぴったりフィット。
Kompakを実際に使っている様子は下の動画でご覧ください。

>>「Kompack(コンパック)」の詳細・支援ページへ

プロジェクトは残り1日です。
くれぐれもお見逃しなく!

Image: machi-ya
Source: machi-ya

(伊藤貴之)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事