テスラの車は将来的にはドライバーが行こうとする場所を予測できるようになるらしい

テスラの車は将来的にはドライバーが行こうとする場所を予測できるようになるらしい

テスラのイーロン・マスクCEOが、同社の全てに近い将来搭載される予定のAI(人工知能)がドライバーが行こうとしている場所を予測できるようになるとTwitterで明らかにしました。

Elon Musk: The AI in Tesla’s Cars Will be Able to Predict Your Destination
https://futurism.com/elon-musk-tesla-ai-prediction/

2017年10月20日、Twitterユーザーのジェームズ・ハーヴィー(@jamesbarr1991)さんがマスク氏宛に「これを提案するのは僕が最初ではないと思うけれど、クルマに乗り込んで行きたい場所を告げるだけで運転してくれたらスゴいと思う」という内容をツイート。
それに対してマスク氏は「多くの場合は、あなたに尋ねる必要もないようになるでしょう」と返答。


つまり、クルマがドライバーを自動的に目的地であろうところまで運んでくれる、というわけです。
テスラ車には2014年からオートパイロット機能が搭載されており、改良を重ねてきているので、「クルマに乗り込んで行き先を告げると、音声認識によって目的地がセットされて自動的に運んでくれる」というのはわかりますが、「行き先を告げる必要もなくなる」までは至っていないはず。
この疑問には、別のやりとりで答えが示されています。

ハーヴィーさんとマスク氏のやりとりに、Next Spaceflight(@nextspaceflight)さんが「たぶん、朝7時にクルマに乗るっていうことは、この人は仕事に行くんだろうと予測するんだろう」と横からツイート。
それに対してマスク氏は「そう、必ずしもシャーロック・ホームズになるわけではない」と反応を見せました。


将来的にテスラ車にはAIが搭載されることをふまえてこのやりとりを読み解くと、クルマは「どこへ行こうとしているか」を行動パターンを学習することによって予測するものと考えられます。
マスク氏といえば「AI脅威論」を唱える人物として知られており、テスラ車のAIが行動パターン学習以上のプライバシーにまで踏み込んできてドライバーを分析する恐れはなさそうです。

ちなみに、テスラは中国の上海に全額出資の生産拠点を設立することで市当局と合意に達したと報じられています。
「全額出資」と聞いて「あれっ?」と思った人もいると思いますが、中国では基本的に外資系企業が中国で法人を置く場合には現地企業との合弁が義務づけられています。
しかしテスラが全額出資を選択することになると、本来は免れられていたはずの25%の関税が免除されないことになります。
それでもなお、テスラは生産コストを下げられることをメリットと判断して新工場建設を決断した模様。

米テスラ:上海市と全額出資の生産拠点設立で合意-WSJ – Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-22/OY8XHF6JTSEA01

目下アメリカでは、トランプ大統領の「アメリカ・ファースト」政策のもとで、製造業をアメリカへ引き戻す力が強くはたらいている中で、テスラが中国への進出を決めたとなると、これはなかなか興味深い出来事といえるかも。
なお、テスラは現在、普及価格帯モデルの「モデル3」の生産にトラブルを抱えており、なかなか生産ペースが上がらない状況が続いています。
マスク氏の責任論も取り沙汰されつつある中、このタイミングで新たな生産拠点を開くという判断が下されたことがどのような意味を持つのかも気になるところです。

米テスラ:「モデル3」の生産ペース上がらず-予定の2割弱 – Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-02/OX7QKP6KLVR401

「生産地獄」続くテスラ、マスクは責任をとるべきか? | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
https://forbesjapan.com/articles/detail/18145

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事