大決断か 2018年のiPhoneはすべてのモデルがFace IDに移行?

ますます生産強化が望まれますな。

11月に発売されるiPhone Xでは指紋認証機能「Touch ID」が搭載されず、顔認証機能「Face ID」へ移行するのはみなさんもご存知の通り。
でも、同じく新機種となる「iPhone 8/8 Plus」にはTouch IDがまだありますよね。
しかし早くも、「2018年モデルのiPhoneはすべてのモデルで指紋認証機能を搭載しない」との報告が登場していますよ。

今回のレポートを報告したのは、アップル関連情報で実績のあるKGI証券のミンチー・クオ氏。
クオ氏によれば、AppleはiPhone Xに搭載されたFace IDに非常に満足しているんだとか。
そしてFace IDによる顔認証やARアプリがiPhoneとAndroidスマートフォンとを大きく差別化する要因になるだろと、クオ氏は解説しています。

今年はiPhone XとiPhone 8/8 Plusと2ラインナップが登場しましたが、来年は約5.8インチモデルと約6.4インチモデルの2つの新型iPhoneが登場すると予測されています。
この6.4インチモデルについてはまだ情報が少ないのですが、現在のPlusモデルをiPhone XのようなベゼルレスにしたiPhoneになると予想できます。
そうなれば、指紋認証機能を搭載する場所はないわけです。

さらに、2018年に発売される新型iPad ProもFace IDを搭載するという情報があります。
これらの情報がすべて正しければ、2018年のAppleのモバイルデバイスは全モデルがFace IDを搭載することに…? それはそれでユーザーからすればワクワクものですが、一方ではFace IDを実現する「TrueDepthカメラ」の部品が揃うのかなと、若干不安にもなったり…。

今年9月には、Appleでソフトウェアエンジニアリングの代表を務めるクレイグ・フェデリギ氏が「Touch IDを完全に廃止する準備はまだできていないんじゃないかな」と語ったそうですが、これはMacBook ProのTouch Bar横に搭載されたTouch IDを指しているのかもしれませんね。
個人的には、ぜひMacBookにもFace IDが搭載されてくれたらなと期待しています。

Image: YouTube
Source: MacRumors
Reference: MacRumors

(塚本直樹)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事