あのベビースターラーメンが上にのってしまったベビースターラーメンONアイスをクレーンゲームでゲットして食べてみた

あのベビースターラーメンが上にのってしまった「ベビースターラーメンONアイス」をクレーンゲームでゲットして食べてみた


お菓子メーカーのおやつカンパニーと全国にゲームセンターを展開するナムコがコラボしたプライズ景品として「ベビースターラーメンONアイス」が2017年10月7日(土)から登場しました。
カスタードバニラ味のアイスクリームにベビースターラーメンが盛り付けられ、さらにアイス自体にもベビースターラーメン(チキン味)が混ぜ込まれているとのことで、アイスクリームとベビースターラーメンの配合比率にとことんこだわった逸品とのこと。
そんなわけで実際にナムコに行ってクレーンゲームに挑戦し、ゲットしてきました。

ナムコ限定『ベビースターラーメン ON アイス』登場! | イベント・キャンペーン | ナムコ 「夢・遊び・感動」を。

http://www.namco.co.jp/event/game_center/babystar_ice.html


ナムコに到着。
「ベビースターラーメン ON アイス」を入荷している店舗情報はここからチェックできます。


入り口付近には「ベビースターラーメン ON アイス」が入荷した事を告げるポスターがありました。


店舗内にも「ベビースターラーメン ON アイス」のポスターが貼られていて、かなり目立っています。


店舗内をぐるぐる周り、お目当ての「ベビースターラーメン ON アイス」がプライズ景品になっているクレーンゲーム筐体を発見。


筐体の上にも「ベビースターラーメン ON アイス」の看板が掲げてありました。


「ベビースターラーメン ON アイス」が設置されている筐体は、冷却保存機能を持つクレーンゲーム機「ジェミニアイス」。
クレーンを操作するコントロールパネルが4箇所ありますが、今回は61個と最多ゲットされているコントロールパネルでプレイしてみました。
プレイは1回100円、お金を入れると、制限時間内ならレバーを何度でも動かすことが可能で、「ここでつかみたい!」と思ったら右にある「つかむ」ボタンを押します。
また、「つかむ」ボタンを押さなくても制限時間が経過すると自動的にクレーンが下がり、つかみに行きます。
下降中にボタンを押すと、好きな高さでクレーンを止めることも可能。


コントロールパネル1カ所につき、「ベビースターラーメン ON アイス」が3~4個設置されていました。


「ジェミニアイス」の中は冷凍庫の様に冷えており、中の「ベビースターラーメン ON アイス」が溶けないようになっています。
庫内温度は摂氏マイナス24度。


アイスクリームを取ってその場ですぐに食べられるように、プラスチックスプーンがコントロールパネルの横に備え付けられています。


というわけで、実際にプレイしてみました。
まずは1回目のトライ。
クレーンがカップの真上に来るよう位置を調整して、いざクレーンを投下。
すると、「ベビースターラーメンONアイス」のカップのフタにアームが引っかかり、簡単につかめますが……


もちろんそう簡単には取れません。


その後もトライを続けますが、クレーン位置の微調整がうまくいかず、つかみ損ねたり……


つかめても……


1回目と同様にやられ続け……


10回目のトライでようやく運が味方をしてくれたのか、クレーンが上がりきってもアームの力が弱まらず、無事にゲットすることができました。


取れた瞬間の達成感と喜びはかなりのもの。


「ベビースターラーメン ON アイス」をゲットする瞬間や、ゲットまでの苦難の数々は、以下のムービーを見ると一発で分かります。

クレーンゲームを10回挑戦して「ベビースターラーメン ON アイス」をゲットしてみた – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=zo_GZlNX0dQ


10回プレイ、つまり合計1000円をつぎ込んでようやく「ベビースターラーメン ON アイス」を1個ゲットできました。


フタには「ベビースターラーメン」のキャラクター「ホシオくん」が描かれているほか、「まぜて楽しい」の文字が。


カップ部分ではふたよりも楽しそうな表情の「ホシオくん」が「まぜて楽しい!」とコメントしています。


カップは片手で持てるぐらい小さめ。
赤と白を基調としたパッケージはベビースターラーメンの袋を彷彿とさせます。
手に持ったときにカップの中に入っているベビースターラーメンがザラザラと音を立てるのが印象的。


高さ138.1mmのiPhone 6と比べるとこんな感じ。


種類別は乳脂肪が多い「アイスクリーム」、原材料にはオーソドックスなアイスクリームでは見かけない大豆、鶏肉、豚肉などが記載されており、ベビースターラーメンの存在を感じさせます。


原材料表記下部の右側には「カスタードバニラ味アイスクリームにベビースターラーメン(チキン味)を混ぜ込みました。
その上にベビースターラーメンをトッピング!」と書かれています。


フタを開けてみると、アルミの内ぶたが現れました。


内ぶたをはがすとベビースターラーメンがいっぱいに広がっていて、アイスクリームの姿はどこにも見えません。


スプーンですくってみると、アイスクリームの姿がようやく見えました。
「ベビースターラーメン ON アイス」のベースとなるカスタードバニラ味のアイスクリームは、ベビースターラーメンとの相性の良さを追求し、近畿圏でメジャーな「白バラ牛乳」を製造販売する大山乳業協同組合のカスタードバニラ味を使用しているとのこと。
実際に食べてみると、パリパリとしたベビースターラーメンの食感と塩気を感じ、その塩気に負けないほど濃厚なカスタードバニラ味のアイスクリームが口の中いっぱいに広がります。
食べ進めていると、確かにアイスに混ぜ込まれたベビースターラーメンの食感をほのかに感じます。


半分ほど食べたところで、フタにも「まぜて楽しい!」と主張があったということで、今度は混ぜて食べてみました。
すると、混ぜずに食べたときよりもアイスクリームの甘みとベビースターラーメンの塩味がマッチし、まったりとした中にもベビースターラーメンのポリポリとした食感があり、良い感じのアクセントになっています。


なお、「ベビースターラーメン ON アイス」は数量限定なので、早めにに行ってチャレンジしてみた方がよさそうです。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事