ポンドが急速に買戻し ドル円は下値模索もレベル感に変化なし

 きょうのNY為替市場は全体的にドル売りは一服したものの、買い戻しの動きまでは見られていない。
ドル円は上下動はしたものの、基本的にはレベル感に変化はなく、112円台での推移が続いた。

 朝方、米新規失業保険申請件数や米生産者物価指数(PPI)の発表があり、ともに予想を上回る数字で、相応の反応も見られた。
ただ、一時的な動きに留まっている。

 前日のFOMC議事録では、大半のメンバーは年内利上げに前向きな姿勢を示していたものの、低インフレに懸念を示している様子もうかがえた。
今後の利上げに関しては指標次第といった雰囲気だが、その意味では明日の9月の米消費者物価(CPI)は注目される。

 予想では食品・エネルギーを除いたコア指数で前年比1.8%の上昇が見込まれている。
8月までの4ヵ月間1.7%が続き、インフレ鈍化傾向に一服感も出てきている中、予想通り1.8%であれば、ポジティブな反応も期待できそうだ。

 そのほか、9月の小売売上高も発表される。
ハリケーン後の復興需要から、高めの予想が見込まれている。
ただ、特殊要因でもあり、今回の数字を市場がどう捉えるかは未知数な部分も多い。

 NY時間の昼になってポンドが急速に買い戻され、短時間の間に本日の下げを解消している。
ドイツ紙が英EU離脱交渉を担当しているEU側のバルニエ首席交渉官が、明日のブリュッセルでの会合で、英国が暫定的に2年間、EU単一市場へ残留する提案を行うと伝えていた。
英国には財政的な責務は発生するものの、投票権はないという。
きょうのポンド円は147円台前半まで下落していたが、一気に149円台まで戻す場面も見られた。

 ユーロは戻り売りの展開となり、ユーロ円は132円台に値を落とした。
きょうはワシントンでG20財務相・中央銀行総裁会議が開催され、各国の財務相や中銀総裁が集まる中、ドラギECB総裁やプラートECB専務理事の発言も伝わっていた。

 特にユーロ相場への反応は見られなかったが、ドラギ総裁は現在の最注目は賃金上昇だと述べていた。
ユーロ圏のみならず各国で、景気回復にもかかわらず金融危機前のように、回復に伴った賃金上昇が見られておらず、その理由や対応に苦慮していると語っていた。
プラートECB専務理事はこれまで通り、低インフレに懸念を示していた。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事