ポンドが急落、英EU離脱交渉の行き詰まりで

 12日のロンドン市場は、ポンドが下落。
EU側の英EU離脱担当官であるバルニエ氏が「交渉は行き詰まっている」と発言したことが背景。
ポンドドルはロンドン早朝には1.3265レベルまで上昇していたが、ロンドン勢の参加とともに1.32台前半へとジリ安の動きを示していた。
バルニエ氏の発言が伝わると、一気に1.32台を割り込んで1.3142レベルまで急落している。
ポンド円は東京市場では149円台をつける場面があったが、ロンドン序盤には148円台後半での揉み合い。
発言報道で148.50割れから一時147.64レベルまで下落。
ポンドは対ユーロでも下落。
ユーロポンドは0.89台後半から0.90台に乗せており、9月14日以来のポンド安水準となった。
バルニエ氏は、今後2ケ月で決定的な前進の可能性がある、としたものの、ポンドの上値は引き続き重い。

 その他主要通貨はまちまちの動き。
ユーロは買い一服。
ユーロドルは1.1880レベルを高値に1.1851レベルまでジリ安。
ユーロ円は133円台半ばが重く、一時133.08レベルまで反落した。
対ポンドでは堅調も、全般的には前日のユーロ買いへの調整の動きが優勢になっている。

 ドル円は米債利回り動向をにらんだ動き。
序盤は売りが先行。
米10年債利回りが2.34%台半ばから2.32%近辺に低下する動きに、112.21レベルまで下落。
その後は米債利回りの下げ渋りとともに112.40台まで下げ渋り。
足元では再び上値が重くなっている。
前日と同水準での取引が続いており、円相場主導の展開にはなっていない。

 このあとのNY市場では米欧金融当局者らがワシントンでの国際金融協会(IIF)に参加する予定。
ドラギECB総裁などの発言に注目が集まっているもよう。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事