体重を減らす・ダイエット方法まとめ!運動と食事の簡単・裏技ポイント

体重を減らすための運動や食事のポイントや裏技についてまとめました。
効率的に体重を減らすには、運動や食事に気をつけて裏技ポイントをおさえていくことが大切です。
体重を減らすポイントをチェックして、毎日の食事や運動に裏技を取り入れていきましょう!

目次

  1. 体重を減らす運動や食事のポイントを知りたい!
  2. 体重を減らすために取り入れたい基本ポイント
  3. 効率的に体重を減らすには有酸素運動を行おう
  4. 筋トレ運動で体重を減らすことができる体づくりをするポイント
  5. 体を引き締めて体重を減らす!おすすめの筋トレ運動動画
  6. 体重を減らすために取り入れたい食事方法
  7. 甘いものが食べたくなった時はどうする?
  8. 体重を減らすには高タンパクの食事をとろう
  9. 体重を減らすために糖質をなくすのは避けよう
  10. 食事の空腹をおさえるための裏技
  11. 空腹をなくすためにはこんな裏技も!
  12. 体重を減らす食事におすすめ!鶏ハムのレシピ
  13. ヘルシーで食べ応えも満点!ササミのバンバンジーサラダ
  14. 栄養ばっちり!鶏胸肉のカシューナッツ炒め
  15. 体重を減らす裏技やポイントを活用しよう!

体重を減らす運動や食事のポイントを知りたい!

体重を効率的に減らすためには裏技やポイントが大切

「体重を減らしたい!」と思ってもなかなか減らない場合がありますよね。
そんなときは、体重を減らすための食事方法や運動のポイントをおさえておくことが大切になります。
がむしゃらにダイエットをしても間違った方法だと体調を崩したり、理想の体型になることができなかったりといった結果になってしまうことがあるので基本的なポイントは必要不可欠。

健康的に体重を減らすためには食事と運動のバランスをとることが大切になります。
食事と運動のバランスがとれていないと、思った通りのダイエットの結果が出ない場合があるので気をつけておきたいですね。
また、空腹をおさえるための裏技を取り入れるのもおすすめ。
ちょっとした工夫で効率的にダイエットができるようになるので、ぜひチャレンジしてみましょう!

体重を減らす食事や運動方法を取り入れよう!

「効率的に体重を減らす方法を知りたい!」「体重を減らせる運動や食事方法ってどんなもの?」というときに役立つダイエット情報についてまとめました。
毎日の生活の中で食事や運動を工夫することで体重は効率的に減らすことができるようになります。
健康的に痩せるためのポイントや裏技をチェックして、理想の体型に近づいてみませんか?

体重が減らない時の原因・理由!停滞期を脱出する効果的な方法まとめ

体重を減らすために取り入れたい基本ポイント

食事の栄養バランスはしっかり整える

体重を減らすために気をつけておきたいのが食事の栄養バランスを整えるということ。
ダイエット中は体重が増えるのを気にしてカロリーを減らすことによって栄養不足なってしまうことがよくあります。
栄養不足になると肌荒れや便秘といったことにつながり、結果的に代謝が落ちてしまう場合があるので気をつけましょう。

kanano8さんの投稿
22429866 359038397883475 2274655383366664192 n

ダイエット中だからこそ、栄養バランスをしっかり整えた食事を1日3食いただくことが重要なポイントになります。
栄養バランスを整えることによって肌や髪質もよくなり、きれいに痩せるためのサポートに。
いくら痩せたとしても体調不良になったり、肌が荒れてはダメですよね。
栄養に気を使いながら健康的に体重を落とすようにしましょう。

運動でカロリーを消費する

new_balance_japanさんの投稿
22280669 661732190697274 320260953755090944 n

食事をとったらしっかりとカロリーを消費することが効率的に体重を減らすための基本的なポイントになります。
長く運動を続けていくことによって代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすい体に。
このように食事と運動のバランスを見ながら健康的な体づくりを意識することがダイエット成功への近道です。
無理なことはせず、バランスをとっていきたいですね。

太ももを絶対痩せたい人必見!自宅で出来る簡単ダイエット法10選!

効率的に体重を減らすには有酸素運動を行おう

有酸素運動で脂肪を燃焼するのがポイント

効率的に体重を減らすために有効的なのが有酸素運動です。
有酸素運動をすることによって血行が促進され、体に蓄積された脂肪を燃焼しやすくなるのが特徴。
カロリーを摂取しても運動を行わずだらだらしていては脂肪がたまる一方です。
「普段、あまり運動をしていないなあ」と感じている人は、体重を減らすためにも運動を取り入れていきましょう。

水泳やウォーキングがおすすめ

有酸素運動を続けるためには無理のない範囲の運動を取り入れることが大切になります。
どんなに効果的な運動だったとしても自分にとってきついものだと続けるのが億劫になってしまいますよね。
そういったことを回避するためにおすすめなのがウォーキングや水泳。
ウォーキングであればランニングよりもつらくなく、有酸素運動を続けやすくなります。

また、水泳は全身を使うので効率的に脂肪燃焼をしたい場合にぴったり。
泳げない場合は水中でウォーキングをするだけでも効果的なのでぜひチャレンジしてみてはいかがですか。

筋トレ運動で体重を減らすことができる体づくりをするポイント

筋肉をつけることで代謝が上がる

痩せやすい体になるためには筋トレ運動を取り入れることも大切になります。
筋肉は体の中でも最もエネルギーを消費しやすい器官として知られているので、ほど良く筋肉をつけることによって自然と痩せやすい体に。
筋肉をつけることによって引き締まった体つきになれるのも魅力です。
理想の体型を手に入れるために筋トレも取り入れていきましょう!

基本的な筋トレ運動を毎日3セットほど行うのがポイント

筋トレも無理のない範囲で続けていくことが大切になります。
自分が鍛えたいと思っている部位の筋トレを1セット10回、1日3セット行うように意識しましょう。
3セットできない場合は2セットでもOK。
大切なのは続けることです。
自分にあった筋トレ方法を探して、毎日続けていきましょう。
こうすることで体重を減らすのに大きな役割を果たしてくれます。

体を引き締めて体重を減らす!おすすめの筋トレ運動動画

スクワットのポイントを解説した動画

効率的に筋トレをしたい場合におすすめなのがスクワット。
スクワットはお腹やお尻、脚など全身を引き締めるのに効果的と言われています。
また、下半身の筋肉が増えると代謝がアップするのも嬉しいポイント。
ただし、スクワットは意外と間違ったやり方で行われがちです。
間違ったスクワットはヒザや腰を炒める原因になるので正しい方法を動画でチェックしましょう。

ヒップリフトのポイントを教えてくれる動画

お尻を重点的に鍛えたい!という場合にぴったりなのがヒップリフト。
寝ながらできるので、気軽に取り入れることができる筋トレです。
ヒップリフトは下半身を鍛えることにもつながるので、代謝のアップも見込めるのが魅力。
効果的な筋トレで理想の体型を手に入れてくださいね。

体重を減らすために取り入れたい食事方法

ベジファーストを心がける

moveailove9762さんの投稿
22352038 155270458400884 2265290512120414208 n

日々の食事方法も体重を減らすためには大きな役割を果たします。
食事で気をつけておきたいのが血糖値の急激な上昇を避けるということ。
血糖値が急激に上昇すると脂肪を溜め込みやすい状態になってしまうので、ダイエット中には避けておきたいですね。
血糖値をゆるやかに上げるためには野菜を先に食べるのがおすすめ。
葉物野菜を食べて血糖値の上昇をおさえていきましょう。

ゆっくりよく噛んで食べる

_banana7さんの投稿
22352253 1990597084533775 5846493166181548032 n

早食いはなかなか満足感が得られず、つい食べ過ぎてしまう原因になります。
少量でも満足感のある食事にするためにはしっかりとよく噛むことが大切。
噛むことによって満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぐことができるようになります。
また、噛むことで消化されやすくなり栄養を効率的に摂取できるのも嬉しいポイント。
噛む回数は一口ごとに30回ほどが良いとされています。

甘いものが食べたくなった時はどうする?

運動をする前に食べる

244d01さんの投稿
22278138 197612574114875 7450515184671522816 n

ダイエット中もふいに甘いものが食べたくなりますよね。
我慢しすぎると暴飲暴食の原因になってしまうので、タイミングをみながら甘いものを食べることもダイエットを長続きさせるポイントになります。
甘いものを食べる場合は運動をする前がおすすめ。
運動をすることで甘いもののカロリーを消費できます。

カロリー低めのスイーツを活用する

dietfitnessfashionさんの投稿
18513362 1324519270930574 1526505233256022016 n

運動する予定がない場合はカロリー控えめのスイーツにしましょう。
最近は低糖質・低カロリーなスイーツも増えてきているのでそういったものを活用しながら調節していくことが大切。
無理をせずに少しずつ体を慣らしながらダイエットを続けてくださいね。

体重を減らすには高タンパクの食事をとろう

筋肉をつけるのに欠かせないタンパク質

chisapeaceさんの投稿
22344484 285641655287343 6122936614474743808 n

体重を減らすための食材としておすすめなのが高タンパクなもの。
タンパク質は筋肉の生成に欠かせない栄養なので、効率的に筋トレをしたい場合に役立ちます。
また、肌細胞や髪を作るのにも欠かせない栄養とされており、健康的な体の状態を保つサポートになるのも特徴。

鶏胸肉やササミなどを食事に取り入れるのがおすすめ

karin.rrrinさんの投稿
22280937 1486283678152230 4640709354419388416 n

高タンパク&低脂肪な食材の代表格として知られているのが鶏胸肉とササミ。
これらの食材は高タンパクなのに脂肪が少ないのでダイエット中も安心して食べることができます。
このほかに、魚系のタンパク質もおすすめ。
魚にもタンパク質以外にさまざまな栄養が含まれているので、ぜひ活用してみてくださいね。

体重を減らすために糖質をなくすのは避けよう

体や脳のエネルギーとして欠かせない糖質

yomenalyさんの投稿
22352064 139935066749067 7019568989508468736 n

ダイエット中に避けがちなのが糖質。
けれども、糖質を全く取らないとエネルギー不足になってしまうので気をつけましょう。
糖質はエネルギーを作り出すのに欠かせない栄養。
糖質が足りない状態で運動をするとエネルギーが足りなくなるので注意。

低GIの炭水化物をメインにし、少なめにすれば問題ない

moimoe55さんの投稿
22427117 1979976832240822 7546142073171214336 n

玄米や全粒粉など、血糖値をあげにくい低GI食品の糖質であればダイエット中でも安心して食べることができます。
また、通常よりも少なめにすることでカロリーもおさえられるので、こうした工夫をしながら糖質もとってバランスの良い食事を作るようにしたいですね。

食事の空腹をおさえるための裏技

裏技1:空腹をおさえるアロマをかぐ

mana043008231029さんの投稿
22344512 137575756874493 7654404892894691328 n

どうしてもお腹が空いた時にはアロマを嗅ぐのがおすすめ。
ペパーミントやグレープフルーツ系のアロマが効果的とされています。

裏技2:歯磨きをする

yuricookieさんの投稿
22344787 311168099291512 220082615397384192 n

食後にペパーミント風味の歯磨きをするのもおすすめ。
歯磨きには食欲をおさえる効果もあるとされています。

お腹がすいた時ダイエット中はどうする?ごまかし方やおすすめのおやつ紹介

空腹をなくすためにはこんな裏技も!

裏技3:運動をする

select_mens_shopさんの投稿
22344192 1106692202799364 238290583787929600 n

お腹が空いた時は運動をするのも1つの方法。
運動することでアドレナリンが放出され、空腹をまぎらわせます。

裏技4:炭酸水を飲む

naoki0755さんの投稿
22344851 122190051803249 7849961123318071296 n

炭酸水はお腹が膨れやすいので、空腹を紛らわすのに最適。
冷たい炭酸水だと胃を冷やしてしまうので、常温がおすすめです。

お腹が空いた時の対処法は?夜中やダイエット中でもおすすめの方法

体重を減らす食事におすすめ!鶏ハムのレシピ

鶏ハムに必要な材料

それでは、ダイエット中に取り入れておきたいレシピもチェックしていきましょう。
ダイエットに役立つと人気を集めているのが鶏ハム。
鶏胸肉を使った鶏ハムは高タンパク&低脂肪なので、効率的にタンパク質を取りたい場合に役立ちます。
そのまま食べてもおいしいですし、サラダに入れたり、丼風にしたりといろいろなアレンジができて便利。

takurokebabuさんの投稿
22427422 344360676033870 9071309810661588992 n

鶏ハムに必要な材料は、鶏胸肉1枚、砂糖小さじ2、塩小さじ2、黒胡椒になります。
風味豊かな鶏ハムにしたい場合はローズマリーをはじめとしたハーブを表面にまぶしてみましょう。
また、スパイスを使うとピリッとした風味の効いた鶏ハムに仕上げることができます。
鶏ハムのアレンジはバラエティ豊か。
ぜひ好みに合わせた味付けにしてくださいね。

体重を減らすのに役立つレシピ

鶏胸肉は皮や脂肪分を取り除きましょう。
皮はカロリーが高めなので、ダイエット中は避けておくのがおすすめです。
皮を取り除いた鶏胸肉に砂糖を小さじ1ずつ表と裏に揉み込んでください。
しばらくおいて砂糖の粒がなくなるまでなじんだら、次は同じように塩を小さじ1ずつ裏と表に揉み込みます。
この状態でジッパー付き保存袋で密閉し、冷蔵庫で2日寝かせましょう。

melody.9214さんの投稿
22278018 361823807582091 8730963008555057152 n

鶏胸肉を取り出したら流水で軽く洗い、水をはったボウルの中に1時間入れて塩抜きをします。
塩抜きをしたら棒状に巻き、ラップでキャンディ状に包みましょう。
沸騰させたお湯の中に入れて蓋をし、再沸騰したら火を止めます。
お湯が冷めるまで放置したら完成。

ヘルシーで食べ応えも満点!ササミのバンバンジーサラダ

ササミのバンバンジーサラダに必要な材料

鶏胸肉と同じように高タンパク&低脂肪なことで知られているササミもぜひ活用しておきたい食材。
ササミを使ったバンバンジーサラダはヘルシーなのに食べ応えがあるのが嬉しいポイントです。
いろいろな野菜を取り入れればビタミン・ミネラル類もしっかりとれるのも魅力。
ダイエット中の食事に役立つササミのバンバンジーサラダをチェックしていきましょう!

okuyufさんの投稿
18579937 300820467023415 1827867811217670144 n

ササミのバンバンジーサラダに必要な材料は、ササミ3本、酒大さじ2、塩小さじ1、トマト2個、きゅうり2本、砂糖大さじ2、練りゴマ大さじ2、醤油大さじ2、酢大さじ2になります。
加える野菜はサラダ仕立てにできるものであれば何でもOK。
茹でたもやしやレタス、ベビーリーフなどいろいろな野菜を使ってボリューム満点なバンバンジーサラダを作ってくださいね。

おいしいレシピ

鍋に水を入れ、酒と塩を加えてササミも入れます。
弱火にかけてゆっくりと火を通していきましょう。
ササミの表面が白くなってきたら蓋をして火を止め、お湯が冷めるまで放置。
お湯が冷めたらササミを取り出して食べやすい大きさにさきます。
トマトは輪切り、きゅうりは細切りにしてください。

masashiva17さんの投稿
21433473 1998031483814835 664138949123375104 n

トマトときゅうりを器に盛り付けたらササミをトッピング。
砂糖・練りゴマ・醤油・酢を混ぜ合わせ、バンバンジーサラダにまわしかけたら完成です。

栄養ばっちり!鶏胸肉のカシューナッツ炒め

カシューナッツ炒めに必要な材料

鶏胸肉を使ったカシューナッツ炒めは栄養ばっちりで食べ応えがあるのが嬉しいポイント。
カシューナッツには脂肪を燃焼させる栄養が含まれているとされているので、ダイエット中におすすめの食材です。
ただし、食べ過ぎはカロリー過多になってしまうので気をつけてくださいね。
カシューナッツは歯ごたえがあるのでしっかり噛むことで少量でも満足できます。

miki_mikio_さんの投稿
21980164 235266527000259 5615261996799754240 n

カシューナッツ炒めに必要な材料は、鶏胸肉1/3枚、カシューナッツ30g、たけのこの水煮30g、ピーマン1個、生姜10g、ネギ10cm、酒大さじ1と小さじ1、砂糖大さじ1、醤油大さじ1、オイスターソース小さじ1、片栗粉小さじ1、水大さじ3、塩ひとつまみ、胡椒になります。
パプリカや玉ねぎを加えてボリュームアップしてもOK。
パプリカを入れると彩り豊かに仕上がります。

気軽に作れるレシピ

鶏胸肉の厚みを半分にし、2cm角くらいにカット。
たけのこの水煮やピーマンは角切りにします。
ネギは輪切りにし、生姜は千切りにしましょう。
鶏胸肉に酒小さじ1と塩、胡椒を揉み込み片栗粉をまぶします。
油をしいたフライパンに鶏胸肉と生姜を入れて炒めてください。

kakistagram89さんの投稿
21980397 136270067109472 2525344442521485312 n

鶏胸肉の色が変わってきたらネギも加えて軽く炒め、水を加えます。
煮立たせたら、混ぜ合わせたおいた砂糖・醤油・オイスターソースを加え、ピーマンとたけのこの水煮もプラス。
水気がなくなるように炒め合わせ、全体に味がなじんだら完成です。

体重を減らす裏技やポイントを活用しよう!

体重を減らすにはちょっとしたポイントをおさえることが大切。
裏技を活用して、ダイエットを成功させてくださいね。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事