米債利回りの低下などを受けてドル安

 ドル円が一時112円30銭を割り込むなど、ドル安の動きが強まっている。

 米債利回りの低下などがドル売りに。

 ユーロや豪ドルなどでのドル売りの動きもドル円の重石。

 豪ドルに関しては昨日のFOMC議事要旨でインフレ鈍化への警戒感が示されたことで、今後の利上げ期待が少し後退し、高金利通貨買いドル売りの動きが広がっている。

 ドル円はポジション調整もあって112円台半ばを超える場面が見られたが、その後ドル安の流れに押されて、頭が重い展開に。

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事